ノーマンズランド

誉田哲也 / 光文社
(85件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
8
40
25
2
0
  • やっぱり楽しめます

    姫川シリーズの最新刊。なかなか読む時間が取れませんでしたが、やっと読了。ちょっとちょっと的な展開が多い印象でしたが、ガンテツの過去話なんかもあってそれはそれで楽しめました。
    ☆4つはちょい甘いかな?

    投稿日:2018.02.17

  • いつもよりソフトな描写でした

    誉田さんの作品にしては、あまりグロくなかったです。姫川さんも日下さんも年齢を重ねたせいか、感情的な場面がなく、ちょっとものたりなかったかな。
    でも、菊田さんとの関係はいい感じです。

    投稿日:2018.05.11

ブクログレビュー

"powered by"

  • りぶれ

    りぶれ

    このレビューはネタバレを含みます

    とりあえず、姫川玲子シリーズは現段階でここまでらしい。ガンテツの嫌な感じは相変わらずだけど、ほんの少し丸くなってる気がしないでもない。日下への感情もちょっとだけ変わっているようで、それはほっとしました。事件そのものはやるせない。初海の父親が私としてはいただけない。自分でやろうよ、と思ってしまう、けど、これが我が子ならば、とつい考えてしまうのも事実。ガンテツも鴨志田なんかの目に留まらなければ良かったのに。玲子はほどほど気が多いようで。シリーズ読んでいるのに、なぜか主人公が好きになれない不思議。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.01

  • 43℃

    43℃

    話が進むにつれて、重さを感じながらもページをめくる手が止まらなかった。
    愛する者を守るということがテーマなのかもしれない。

    投稿日:2019.04.15

  • りんちゃん

    りんちゃん

    大好きな姫川玲子シリーズ。刊行されてから大分読むのが遅くなってしまった。今回も一気読み。北朝鮮の拉致問題を事件テーマに取り上げていた分内容はやや重め。拷問シーンは通勤電車で読んでしまって、朝から悲鳴をあげそうになった。誉田さんのこういう描写、やっぱりまだまだ慣れません。。。最後にまさかの展開あり!新作早く出ないかな。続きを読む

    投稿日:2019.04.13

  • いもけんぴ

    いもけんぴ

    このレビューはネタバレを含みます

    拉致の問題に関わる人の心理状態の辛さ残酷さがずっしりくる。
    林さんの事があり日下さんとの関係性とかいい感じになって姫は少しずつ丸くなってるのかな。
    相変わらず拷問場面は顔を顰めてしまう。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.03.09

  • のあ♪

    のあ♪

    2019/3/3読了。
    切ない。辛い。
    姫川玲子と旧姫川班のメンバーも出てくるので、ワクワクしながら読み進めたけれど…
    重くて胸が締め付けられる内容。
    純粋で無垢な高校生カップルが…と思うと、涙が溢れてしまう。
    全くのフィクションではないところが、余計に辛いところ。
    星5つでも?と思う1冊だけれど、もともとの事件が霞んでしまって、なんとなく尻切れとんぼのような印象もあるので、4つで。武見が急に男らしく、カッコいい人になったのも納得できないところもある。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.03

  • bakumon17

    bakumon17

    姫川玲子シリーズ

    スピード感がすごい。

    誉田作品は、暴力シーンがグロクて
    読むに堪えない場合があるが、
    いつも凄いと思ってしまう。

    投稿日:2019.03.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。