キャプテンサンダーボルト 上

阿部和重, 伊坂幸太郎 / 文春文庫
(39件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
5
19
8
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • matchyy

    matchyy

    変身できないヒーローも、まーまー大変である。

    (以下抜粋)
    ○暗く、細長く、不安に満ちたトンネルの中で正気を保っていられるのは、それがいずれ出口に繋がると信じているからだ。もし、出口がないとしたら。もし、人生の時間を費やし、出口なしのトンネルを進んでいるだけだとしたら。続きを読む

    投稿日:2020.12.29

  • ウチヤマ

    ウチヤマ

    少々読むのに時間が掛かったが、物語が進むにつれページを捲るスピードも早くなった。
    下巻がどう展開されていくのか楽しみだ。

    投稿日:2020.05.31

  • ふく なな

    ふく なな

    相葉と井ノ原が一緒に行動するまでがちょい退屈。
    エンジンかかるのに時間かかった、
    後半になれば面白さが増して、ページが進んだ。

    投稿日:2019.09.09

  • iyoharuka13

    iyoharuka13

    伊坂幸太郎と阿部和重という現代屈指の人気作家ふたりの完全合作。小学校時代の悪友コンビの決死の逃亡劇の顛末と謎の組織の目的とは。話題の一気読みエンタメ大作。
    いきなり語られる『ガイノイド脂肪』で、まずはグイと引き込まれる。終始漂う不穏な空気がいつもの伊坂ワールドなので、出てくるキーワードが気になって仕方ない。まさか今になって元横浜大洋のポンセというワードに出会えるとは。続きを読む

    投稿日:2019.02.13

  • コウヘイカミヤマ

    コウヘイカミヤマ

    伏線とかはもちろんなんだけど、シンプルにハラハラするし、応援したくなった。気持ち良い青春小説。友達っていいな、スポーツっていいな、という感じ。

    投稿日:2019.01.18

  • gogoapple

    gogoapple

    伊坂幸太郎と、初めて名前を聞くもう一人の作家による合作らしい。どういう書き分けをしているのかわからないが、読み終われば完全に伊坂ワールドだった。相場や井ノ原など、ジャニーズみたいな名前がたくさん出てきて笑う。物語りは物騒な展開で前編を終える。後編へ大きく期待は高まる。続きを読む

    投稿日:2018.12.06

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。