ウロボロスの波動

林 譲治 / ハヤカワ文庫JA
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
1
2
2
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • hisakarei

    hisakarei

    SFマガジン1999年5月号:エウロパの龍、10月号:小惑星ラプシヌプルクルの謎、2000年2・3月号:ウロボロスの波動、8月号:ヒドラ氷穴、2001年2月号:キャリバンの翼、の5篇に書下ろしのエインガナの声を加えて、2002年7月ハヤカワSFシリーズJコレクションから刊行。連作短編集。AADD(人工降着円盤開発事業団)シリーズ1作目。2005年9月 ハヤカワJA文庫化。AADDと地球側の価値観の違いが面白い。緻密な世界構築に堪能しました。ファーストコンタクトな部分には、わくわくします。次作に期待。続きを読む

    投稿日:2020.09.22

  • 69hach

    69hach

    一読しただけでは置いて行かれそうな舞台設定。設定に重きを置いて良く解らないままドラマが進行して行ってしまうのかと思いきや、最終的には引きずり込まれました…登場人物の半分以上が男前な女性。惚れてまうわ~
    「ウロボロス~」に出て来た黒川さんがお気に入りでしたが、「エウロパ~」でジョブチェンジして出て来たのが嬉しかったな。総じてAADDという組織を描いた人間ドラマでもあります。続編読もう~
    小川一水氏の解説は多分、ハードSFに馴染が無いと激しく同意出来るような(笑)
    続きを読む

    投稿日:2013.07.07

  • コナベ

    コナベ

    一読しただけでは舞台設定のイメージが掴めずに、苦戦しましたけれど、ネット等でブラックホールやら何やらのコトを知ると、途端に面白味が増す作品になりました。

    環境やツールが個人の有り様を変え、やがては社会構造さえも従来とは異なる物になり、それが私達の存在する社会との差異を生み出していくという構図は元々好きな設定ですし、太陽系の開発というあまり広がり過ぎていない舞台も地に足のついた物語として読み応えがありました。

    この作品の後にも長編が二作あるようで、ファースト・コンタクトがテーマだそうです。宇宙に進出した人々と地球に残る人々でさえ既に意識や社会の構造が相成れないこの作品世界、異星の知性と果たして対話は可能なのかどうか・・・面白そうです。
    続きを読む

    投稿日:2012.03.04

  • いなえしむろ

    いなえしむろ

     期待の林譲治作品連作6編。表紙がこどもっぽいのでちょっと不安だったんだが、楽しみにしていた作者でもあり、順番に読み進めることにした。

     しかし、表題作「ウロボロスの波動」を読み終えた段階で次に進む気がなくなった。要するに「くどい」。早し作品全体に言えるのだが、くどい。

     次の「小惑星ラプシヌプルクルの謎」「ヒドラ氷穴」「エウロパの竜」「エインガナの声」「キャリバンの翼」については、時期を見て再読したい。AADDシリーズに期待しているんだがなぁ。

     林という作家を発見した異星人とのファーストコンタクトものを先に読むことにしよう。そっちはとても興味があるから。
    続きを読む

    投稿日:2011.12.23

  • kaba2004

    kaba2004

    面白かった。好みにぴったり合っていて、ついつい気になって他のことをほったらかして最後まで読んでしまった。

    投稿日:2011.09.09

  • bonn

    bonn

    数百年後、人類は小型のブラックホールを天王星の衛星軌道に捕らえ、人工降着円盤としてエネルギーを取り出すことに成功する。物語はそのブラックホールの開発のために発足した組織「AADD」に所属する人々を中心に織り成される。地球というくびきにとらわれることのなくなった人々は、明らかにその思考方法、人生観を変貌させていく。

     短編連作。「エウロパの龍」がお気に入り。あとは「ヒドラ氷穴」かな。表題作は微妙だった。最後の「キャラバンの翼」はどうだろう、展開や志向する方向は好きなんだけどしっくりこない。巻末、解説で小川一水が、しっかりと組織を描けていると評していたけれど、逆説的には組織とそれに所属する人々の属性は構想できているけれど、人は描けていないと思った。それほど作中のキャラクターが埋没している。もっとも印象的な人間としてラミアを挙げることはできるけど、彼女はあくまで「地球」の人間であって、評価に値しない。黒川なんかは面白いと思ったけれど(だからこそ彼が主役の「エウロパの龍」が気に入った)掘り下げが足りない気がする。というか日本人が多すぎなのがちょっと納得いかなかった。なんかせこい! と思ってしまうのは私の心がせせこましいからでしょうか。

     ただ発想はとても面白いと思った。なんといっても人工降着円盤の発想が秀逸。人類のエネルギー問題の解決方法としての説得力がしっかりとあった。軌道上の巨大建造物と惑星、衛星がすれちがうタイミングとかとてもダイナミック! 対消滅のエネルギー抽出方法がおざなりだったのはまあ目をつむってもいいくらい。しかしこれは作者が後書きで書いてもいたけれど、確かにプロローグに過ぎない。ファーストコンタクトものなんだな。出版当時、記憶が確かなら野尻抱介「太陽の簒奪者」が同時期に上梓されていたけれど、ルネッサンスの時期なのかね。
    続きを読む

    投稿日:2010.01.06

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。