鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号

倉阪鬼一郎 / 講談社ノベルス
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 2.0
0
0
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • daruma2017

    daruma2017

    鉄道好きが集まって作った「鉄道探偵団」が、鉄道がらみの不思議な謎を解く短編集で、著者初の鉄道ミステリという事になるが・・・。
    うーん。これはイマイチだった。ミステリっぽいのはアリバイ崩しのある第一話ぐらいで、後の四話は謎と言うよりちょっと変な出来事って感じだった。「いい話」になっているのが多く、読後感は良かった。
    去年まで年に一冊このノベルスで凝りに凝ったバカミスを発表していて、それが一旦終了したのだけど、こんな緩いミステリに代わるとは思わなかった。著者は2014年頃から月に一冊位の驚異のペースで本を出しているので(主に時代小説)、時間が掛かるバカミスがこういう路線になっちゃったのかな?  ちょっと残念。
    続きを読む

    投稿日:2017.11.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。