ときめく星空図鑑

永田 美絵, 廣瀬 匠 / 山と溪谷社
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
0
2
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • eshima002

    eshima002

    ◆天文学の基礎、歴史
    ◆星空のレシピ(季節の星座、身近な月、太陽などの写真、見え方、見える方向、星座のエピソード)
    ◆星空の観察(観察方法、撮影方法)
    ◆星空のシアター(プラネタリウムの紹介)
    ◆星空の科学

    星にまつわるあらゆるものを簡易的にまとめた本
    難しく書こうとしたら、かなり難しく書けてしまうものたちを読みやすくまとめてくれているのに感謝

    写真も豊富なので、楽しく読めると思う。
    続きを読む

    投稿日:2018.12.31

  • くんくん

    くんくん

    ときめきシリーズの中では少々硬派な感じです。それでもきっと掲載星座の選び方がときめきが基準。難しい言葉はすっ飛ばしてうっとり星を眺めています。

    小学生の頃、授業で星座を習った日の衝撃は今でも忘れることはありません。夜空に物語が広がっていることを知ったあの日。ちょうどその授業の頃に来ていた代替教師が星好きな若い女の先生で。その先生が語る夜空、星空、星座の物語に心から魅せられたあの日。
    その時のことを思い出すときめき本でした。
    続きを読む

    投稿日:2016.12.23

  • 永遠ニ馨ル

    永遠ニ馨ル

    ぬ~。
    ときめく鉱物図鑑がよかったこともあり、同シリーズのこちらも購入しました。
    でも、うーん……
    個人的な嗜好ですけれど、星座に当てはめる絵がアンティークっぽいものが好きなのです。
    星座も少しわかりにくい。
    そういう意味でこの本はイマイチでした。

    写真は美しく、説明も素敵で、そこは確かに「ときめく」のですが。
    続きを読む

    投稿日:2014.10.31

  • PLUTO

    PLUTO

    星座の形が少しわかりにくかったが綺麗 な写真がのっており癒された。
    この本を持って天体観望に行きたい。

    投稿日:2012.12.25

  • koonpal

    koonpal

    秋になって、夜空はさびしいけれど、この本読んでたら、アンドロメダ大銀河とか、古代エチオピアのケフェウス王と王妃カシオペアの物語に浸りながら、しっとりと星空を眺めていたい気分がまた戻ってきました。

    投稿日:2012.10.12

  • 118121

    118121

    そんな真新しい情報はないけど、タイトルに「ときめく」とつくだけあって、紹介文や取り上げられてる話題が素敵です。宙ガールに入門におすすめ。

    投稿日:2012.09.16

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。