西川三郎 / 幻冬舎文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • sally3

    sally3

    主人公の真人が罠にはめられるのだが、自業自得とはいえ、だまされてばっかるで途中からかわいそうになってしまった。

    投稿日:2018.02.04

  • ことぶきジロー

    ことぶきジロー

    西川三郎『罠』幻冬舎文庫。

    文庫書き下ろし。同時刊行された『欲』と同様、メイン舞台はみなとみらいのタワーマンション。自動車販売会社に勤務する主人公の石田真人が知らず知らずに巧みな罠に嵌められるというストーリーなのだが、短絡的で呆気ない内容の凡作だった。それでも『欲』よりは少しましかも知れない。

    当世の様々な事件を散りばめてはいるが、今一つストーリーの起伏と散りばめられた事件が噛み合わず、ワイドショーからのひと昔前の昼メロを見せられているかのような作品。
    続きを読む

    投稿日:2017.11.03

  • あんぼ

    あんぼ

    横浜が舞台とあって、街の描写がリアルに映りながら読めた。

    道端でタバコを吸う老人だったり同じマンションの住人というだけであった関係がストーリーが進むにつれて巧みな駆け引きなどにスリルを感じた。
    相関図を考えると少し複雑かもしれないけど、ワクワクしながら読み終えることができた。

    お金に執着しすぎることと、女の人に気を付けること、悪いことはしちゃいけないと学んだ気がする。
    続きを読む

    投稿日:2017.11.01

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。