時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体

松浦壮 / ブルーバックス
(30件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
8
5
9
3
1
  • 薄いので集中前の息抜きに・・・

    よいのではないでしょうか。
    ブルーバックスも内容は一様ではない時もあります。
    求めていたレベルとは違うものでしたが、まあ、よかったです。
    時間は不思議ですね。
    星5つ。

    投稿日:2019.09.05

ブクログレビュー

"powered by"

  • mtkwsk

    mtkwsk

    ニュートン以来、物理の背景に空間と時間の方眼紙を貼りつけて大きな成果を挙げてきたわけだけれども、アインシュタインの頃から方眼紙は実はグニョグニョに曲がるし、前景の物質だってユラユラ揺らいでるとわかった
    歴代の物理学者たちもきっとなんだコレ?と言い続けているに違いないが、今や焦点は背景だった時空の方眼紙って何?どうなっているの?にある。
    それを研究しているのが量子重力理論で、しかし、本書ではさらりと紹介しているだけなのでちょっと肩透かし。
    しかし、素朴な時間観から量子重力理論に至る流れを辿りながら、物理を数式や紋切り型表現ではなくて著者の言葉でコレってこういうことなのよと言ってくれるのがとても説得力があって腑に落ちる。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.30

  • BRICOLAGE

    BRICOLAGE

    「時間」という視点から、物理学の発展を概観。
    感覚に基づく素朴な時間観(と言っても、「21世紀に生きる私たちの」時間観であって、完全にまっさらではないことが分かるが)の確認から始まり、ガリレオ或いはニュートンの時間観から、相対論・量子論を経て、最先端の理論物理が時間をどのように捉えているのかまでを、数式を使うことなく平易な言葉で説明している。

    先ず、時間というものは言う程当たり前なものでは無い。それは本質的には運動を測る周期運動であって、本書の言を借りれば、「物体の存在とは無関係に「時間」が存在していて、物体の運動はその時間に沿って起こる(p.30)」という仮説によって導入されたものである。よって、運動とは何か(どのような法則に従うか)が修正されると、理の当然として「時間とはなんだろう」という問の答えも変わる訳である。
    ニュートンは運動方程式のパラメータとしての時間、絶対時間を考えた。
    アインシュタインは相対性原理から観測者によって異なる刻みの時間が流れていることを導き(特殊相対論)、「重力は時間経過の別名(p.136)」と主張した(一般相対論)。
    さらに最先端の量子重力理論に至ると、4次元時空や量子場というのは繰り込みの結果に過ぎず、時間は「空間・物質・力を含む巨大な構造の一部」となる。

    正直後半はちんぷんかんぷんだったが、何となくの感じを掴めたのは収穫。良著。

    1 時を数えるということ
    2 古典的時間観 ガリレオとニュートンが生み出したもの
    3 時間の方向を決めるもの 「時間の矢」の問題
    4 光が導く新しい時間観の夜明け 特殊相対性理論
    5 揺れ動く時空と重力の正体 一般相対性理論
    6 時空を満たす「場」の働き マクスウェルの理論と量子としての光
    7 ミクロ世界の力と物質 全ては重力場でできている
    8 量子重力という名の大統一 時間とはなんだろう?
    続きを読む

    投稿日:2020.12.31

  • あめ

    あめ

    時間とは何かは誰もが気になる哲学的問いではないでしょうか。

    私自身、本書を哲学書だと思って購入したのですが、実際は、ゴリゴリの物理学が展開される科学系の本でした。

    じゃあ期待外れだったのかと言うと、期待していたよりはるかに面白いではありませんか。

    レビューには、時間とは何かに答えていない、物理学が分からないというものが見受けられます。

    しかし、本書を読めば、時間とは、物理学でこそ説明されうることが分かります。そして、絶対的な存在と思っていた時間が、そうではなく、相対的であることを知りました。

    確かに物理嫌いの方は少々頭痛がするかもしれませんが、著者は数式を用いない平易な言葉で現象を説明しています。
    素直に科学って面白いと思いながら読めば、時間とは何かを考えているうちに、物理法則まで勉強できちゃったとお得感満載の一冊です。
    続きを読む

    投稿日:2020.12.31

  • bossa66

    bossa66

    今まで「時間」に関する本は何度かトライしたことがあるが、ようやく少し腑に落ちた感じがする。
    特にエントロピーと時間の関係や、光速と時間との関係。
    良書。

    投稿日:2020.12.26

  • 北海道大学水産学部図書室

    北海道大学水産学部図書室

    【電子ブックへのリンク先】

    〇学内からアクセスする場合
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000057455?147

    〇学外からアクセスする場合
    https://elib-maruzen-co-jp.ezoris.lib.hokudai.ac.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000057455?147
    ※リモートアクセスサービスへのログイン画面が表示されますので、ログインの上ご利用ください。
    続きを読む

    投稿日:2020.06.11

  • yangsigma1989

    yangsigma1989

    中学生のころから、特殊相対性理論ってなんだろうって興味があったのですが、
    ようやく、なんとなく言いたいことがわかってきたような気がします(笑)

    時間って、そんな考え方があるのかという、かなり衝撃的な経験だったのに加え、世界にはまだまだ分からないことがあるのだということを知ることができました。続きを読む

    投稿日:2020.06.09

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。