グルジェフの残影

小森健太朗 / 文春文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 2.0
0
0
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • なー

    なー

    なんじゃこりゃ、である。

    グルジェフとウスペンスキーの話は話でいいんだけどさー
    なんでラスト100ページになって、いきなり殺人事件なの??

    しかも何気に嵐の山荘状態のフーダニットで
    ・・・本格かよ^^;

    バランス悪すぎ。
    後書きで作者が開き直っているのが尚更・・・。

    こういう組み合わせのお手本に
    笠井潔の「哲学者の密室」(ハイデガー+密室殺人)が
    あるから、ちょっとお勉強しなさいよ、まったく!
    続きを読む

    投稿日:2016.11.01

  • 権太

    権太

    購入日不明
    2011/3/17〜3/23
    久しぶりの小森作品。
    帝政ロシアからボリシェビキ政権に移りかわる頃に活躍した、グルジェフとウスペンスキーの神秘思想が中心。最後にちょこっとだけ密室殺人がでてくる。ロシアものは苦手であったが、本作もイマイチ作品世界に入れなかった。続きを読む

    投稿日:2007.01.25

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。