マンガでわかる 100%幸せな1%の人々

小林正観 / 中経☆コミックス
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
2
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • たくや

    たくや

    ありがとうを言いまくると奇跡が起きる

    競う、比べる、争うことをやめるそうすると敵がいなくなり「無敵」になる

    幸せと不幸はワンセット
    不幸は幸せの前半分


    念ずるという字は今と心になる
    つまり、念ずるとは今目の前を大事にすることに尽きる

    他人を変えるよりも自分が変わる方が楽で徳

    トイレ掃除をすると臨時収入が入ってくる
    続きを読む

    投稿日:2021.11.19

  • あんず

    あんず

    ポイント

    ①「ありがとう」を常に口にしておく 
    ②争わない
    ③トイレ清掃をする

    ******
    自分に落とし込むと
    ①真言やオポノポノ、斎藤一人さんと同じ感じ
    余計な雑念が入らない
    ②気にならなくなることで、問題にすらならない
    自分が今の状況の全てを決めている
    ③トイレ掃除をすると臨時収入が入る
    やってみてほんとに商品券をもらった(笑)
    「ひとが避けるような一番嫌なこと」を先にしてしまうことで、フットワークが軽くなるから、、、のような気がする
    続きを読む

    投稿日:2021.08.20

  • Y.Ryuo

    Y.Ryuo

    このレビューはネタバレを含みます

    原著は未読だが、今をそのまま認め、感謝することや五戒(不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句を言わない)、「そわか(掃除・笑い・感謝)の法則」、トイレ掃除などは実践したいと思った。
    現実に幸不幸はなく、いらいらさせる人もいない、そのように受け止めている自分がいるだけという説明には同感するものの、だから無感動でよいかとなると違うと思うし、幸福や感謝だけを感じるというのも不都合なところに目を向けていないか、そこに目を向けつつ超越するプロセスをすっ飛ばしているように感じられた。
    個人的には不平不満があってこそ向上・進化もあると思っているが、自分の受け止め方、生き方を見つめるために、あえて自分には「きくあ(競わない・比べない・争わない)の法則」を破っても、自分を甘やかすのにも納得感を大切にできたらと感じさせてもらえたことに感謝し、星5つ。
    18-17

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.02.17

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。