赤の神紋 第十三章―Angelos Glow―

桑原水菜, 藤井咲耶 / 集英社コバルト文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
3
3
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ainon

    ainon

    シリーズ13


    いよいよ直接対決!

    ケイとワタル、
    榛原と連城、

    ワタルのちょっとだけ弱い可愛い所も見れて
    昔、一人芝居の時に基礎を教えてくれた舞台監督とのやりとりに和む


    榛原の隠れ家と、そこの老婦人、
    好物の麩菓子に和みつつ、

    舞台はドンドンエキサイト!

    すげーなこのほん
    続きを読む

    投稿日:2017.04.27

  • 彩波(いろは)

    彩波(いろは)

    このレビューはネタバレを含みます

    『赤の神紋』のオーギュスト役を賭けた十日限りの舞台『メデュウサ』の幕が開いた。
     先方はケイ。
     けれど、ケイのハミルは悪意さえも感じさせる出来映えで、常識を超えたケイの演技。
     そして初日の夜の部・後攻になったのはワタル。
     ワタルは榛原憂月が想像した「完璧なハミル」を体現してみせた。

     響生も榛原もそれぞれ舞台に呑み込まれて行こうとするケイをそれぞれがそれぞれの方法で守ろうとするが、ケイの演技は見た人をも、熱狂的な崇拝者とするか、あるいは嫌悪感を抱かせるか、の二択で。
     次第に共演者も含めて、恐怖へと巻き込んで行く事になる……。

     そして、響生はケイを守るために、榛原の胸に刻印された十字架の秘密に向き合う事になる……

     という話。
     修羅場も修羅場でいいところ。
     もう、皆が皆、鬼気迫っていて、恐怖感しか覚えない。
     正直、この本を読んだ段階では、ケイの勝ちはほぼないとしか思えない。
     後、あるとしたら、ケイにはこの本の主人公が守ろうとしている人であるという利点だけ(主人公は響生だと思っているんですが……)

     それにしても、いつもこのシリーズを読むたびに思うんですが。
     演劇に関して、素人の作者さんが書いたとは思えない、舞台の演者に対する情熱だなー……と思います。
     何せ、迫力が違う。
     舞台上の鬼気迫った様子を見事に書き上げるって、この人、本当にすごいなー……と。
     肝心のケイと響生、榛原と響生、榛原とケイとかの人間関係の部分においては。
    「もういいよ!」
     ってこっちが先に匙を投げたくなるくらいのレベルでじれったいのですが……。
     その読者がじれったく思える部分を書き続けてる作者さんってすごいなー……ってまた思ったり。
     普通は、いくらそれが、自分のアイデンティティに関わる部分だとしても、これだけずっと自分と葛藤したり、人と葛藤したりし続けたりする事ってできないと思うんですよね。普通、忍耐力が続かなくて諦めちゃうと思うんですが。
     この小説に出て来る主人公は、誰一人そんなことせずに、自分の葛藤と向き合い続けて、「まぁ、いいや」っていう結論を出さない。

     なんかもう、感心するよね。
     普通、こんなにエネルギー続かない。
     そして、そんな登場人物と付き合ってる作者さんのエネルギーが一番怖かったり。
     こんなにこんなに葛藤ばっかりと向き合い続けるのって本当に辛いと思うんですけど、この人はそうでもないんだなー……ってことが、怖かったりなんだり。

     恐らく、後一冊で終わりだと思うんですが。
     この長い長い葛藤の物語に、作者さんがどんなピリオドを打つのかが楽しみだったり、楽しみじゃなかったり……。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.10.14

  • hosinotuki

    hosinotuki

    最初から最後までずうっと「メデューサ」の舞台。少し引っ張りすぎというか、悩んでいるのは分かるのだけど進歩がないっ!

    投稿日:2009.11.18

  • うがちゅ。

    うがちゅ。

    ついに開幕!なんやもう、ものすごい内容のお話なのねぇ『メデュウサ』って。いつか全通するとかほざいたけど、無理。絶対無理!許容量超える!過呼吸起こすわ(経験者)!傍らに介抱要員として連城を・・・デートか?いや、こちらが介抱する羽目になるのね。
    自信なさげになっていく藤崎、弱っていく榛原、いまいち役に立ててない相変わらず影の薄い連城。ワタルちゃんが普通のコに見えてきたし?頼りにできるのは奥田さんだけだわ(あたしにとって)!
    ケイと榛原の安否が気になるところで終わってるぅぅぅ・・・かれこれ20年ほど前に瓦礫に埋もれたままいまも放置されているらしい某先生の某シリーズの彼のようにはならないように、次章最終章?お待ちいたしております。
    あ、鈴木飛鳥はどうなるのかしら?

    20080509〜20080515
    続きを読む

    投稿日:2008.05.15

  • 雛瀬智美

    雛瀬智美

    やっぱり神紋はすごい迫力。この間まで一度も気持ちがなえずに飽きずに読めました。寧ろもっともっと盛り上がっていく感じです。展開としてはとにかくケイが心配だー(><)続きが待ち遠しい!
    3/27読了

    投稿日:2007.03.27

  • 双子のパンダ2

    双子のパンダ2

    「ああなったら、アレは負ける。間違いなく」  響生でなくとも、どういう意味なんだ!説明してくれ!と叫びたくなると思います。アツイ結末が用意されているらしいので、ケイとワタルの決着がつく次巻が、今からとても待ち遠しいです。
    (ID失念の為再録ごめんなさい)
    続きを読む

    投稿日:2006.09.21

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。