寮生 ――一九七一年、函館。――

今野敏 / 集英社文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
1
5
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • fishbowl

    fishbowl

    函館の私立高校の寮を舞台に起きた事故をめぐるお話です。ちょっと時代は古いですが、高校生の頃の青春を思い出します。

    投稿日:2018.09.14

  • ender

    ender

    このレビューはネタバレを含みます

    函館のカトリック系の男子校と聞けば、北海道出身者であればほとんどの人が思い描く学校名がある。著者もその高校の卒業生だと知り、本作の舞台に納得する。

    携帯電話はなく、メールやLINEといった今日の高校生が普通に利用している連絡手段は使えず、あるのは公衆電話あるいは人づての伝言という今から思えばかなりの不自由さ。そんな環境下で直向きに恋心に向き合っていたのが当時の高校生。

    学生寮内で発生した一人の生徒の自殺をめぐる真相究明に奔走する高校生たちを描くミステリではあるものの、ままならない恋ともどかしいまでの青春の葛藤がほろ苦い余韻を残す群像劇という趣が強い。

    自分のような昭和世代にはノスタルジーを感じるが、若い世代の人が読むとどう感じるのだろうかとそんな事にちょっと興味を持った作品。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.05.06

  • ちほ

    ちほ

    自分で本屋さんで見つけた本。
    警察モノが好きなので、高校一年生がなんとなく調べ始めるところに、新鮮だなぁと思って手にとってみました。
    話はとても読みやすく、するすると進みました。
    読後感も高校生が頑張ったねと、ほんわかした気分。
    ちょうど生まれた年の設定だったので、こういう時代だったのかぁという感想のほうが強いかな?
    続きを読む

    投稿日:2018.02.03

  • E.Mogura

    E.Mogura

    このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

    投稿日:2017.11.03

  • yukari

    yukari

    この方の作品はずっと隠蔽捜査シリーズだけしか読んでいなかったので、とっかかりは結構時間かかりました。
    1ページも読まないうちに寝落ちしたりと。
    読み進むにつれて、面白くなってきましたけど。

    男子寮の中での出来事。
    古葉が探偵のようで頼もしかった。
    推理していくのはなかなか楽しい。
    一緒にフムフムと話が進んでいくようになってからは俄然面白くなったわ。

    隠蔽捜査シリーズだけしか知らない私は、結構新しい発見をした気分でした(笑)
    続きを読む

    投稿日:2017.08.31

  • nobumtd

    nobumtd

    高校の学生寮で起こった自殺の真相とは。
    高校生が探偵として推理するお話。
    果たしてその行き着く先は。

    投稿日:2017.07.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。