モモ

ミヒャエル・エンデ, 大島かおり / 岩波少年文庫
(661件のレビュー)

総合評価:

平均 4.4
346
182
61
6
2
  • 忙しい大人に読んでほしい本です。

    少し前に読んだ本の中に、登場していた作品だったのですが、読んだことがなかったので図書館で探しました。
    児童書コーナーにありましたが、大人にとっても大切なことが盛りだくさんだったように感じています。

    『心を亡くすと書いて忙しいと読む』以前どこかで聞いた言葉を思い返しながら読み進めました。あとがきを読んで、著者の奥様が日本の方であることや表紙の絵も著者の手によるものであることも知り、是非紙の本で手元に置いておきたいと思っています。
    続きを読む

    投稿日:2017.11.14

ブクログレビュー

"powered by"

  • natohon

    natohon

    何かの拍子に思い出して数十年ぶりに読んでみたらら
    現実の姿が書いてあって驚いた。

    時間を節約するために"モノ"に縛られ、
    その節約したはずの時間をまた無駄なことに使う。

    生きる上での大切にしたいこと、
    ないがしろにしてはいけないことを
    思い出させてくれる。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.17

  • はちみつ

    はちみつ

    このレビューはネタバレを含みます

    久しぶりに続きが気になって早く読み進めたい!って思える本に出逢えた。
    時間について本当にいろいろと考えさせられる話だった。
    毎日忙しなく生きるのではなく、もっと色々なことに目を向けて生きていきたいと思った。
    時間どろぼうに時間を盗まれて、時間を有効に使うために、時間を節約し、毎日みんなどこか急いだり、焦ったりしている所が今の世界と似ているなと感じた。モモのセリフにある 時間はとっても静かな音楽 という所に確かにそうなのかもしれないなあと感じた。





    フレーズのとこにおさまらなかったので、
    好きなセリフ

    ・世の中の不幸というものはすべて、みんながやたらと嘘をつくことから生まれている、それもわざとついたうそばかりではない、せっかちすぎたり、正しくものを見極めずにうっかりくちひしたりするうそのせいなのだ (p51 ベッポのセリフ)

    ・いちどに道路全部のことを考えてはいかん、わかるかな?次の1歩のことだけ、次のひと呼吸のことだけ、つぎのひと掃きのことだけを考えるんだ。いつもただつぎのことだけをな。(p53 ベッポのセリフ)

    ・時間とは、生きるということ、そのものなのです。そして人のいのちは心をすみかとしているのです。人間が時間を節約すればするほど、生活はやせほそっていくのです。(p106)

    ・時間はある——それはいずれにしろたしかにだ。でも、さわることはできない。つかまえられもしない。においみたいなものかな?でも時間て、ちっともまとまっていないで、動いていく。すると、どこからかやってくるにちがいない。風みたいなものかしら?いや、ちがう!そうだ、わかった!1種の音楽なのよ——いつでもひびいているから、人間がとりたてて聞きもしない音楽。でもあたしは、ときどき聞いていたような気がする。とっても静かな音楽よ。
    (p234 モモのセリフ)

    ・人生でいちばん危険なことは、かなえられるはずのない夢が、かなえられてしまうことなんだよ。
    (p307 ジジのセリフ

    ・時間の花を覚えているね?あのときわしは言っただろう、人間はひとりひとりがあああう金色の時間の殿堂をもっている、それは人間が心をもっているからだって。ところが人間がその中に灰色の男を入り込ませてしまうと、やつらはそこから時間の花をどんどんうばうようになるのだ。しかしそうやって人間の心からむしりとられた時間の花は、ほんとうに時間としてすぎさったわけではないから、死ぬことができない。だがほんとうの持ち主からきりはなされてしまったために、生きていることもやはりできない、花はその繊維組織のひとすじひとすじにいたるまで全力をふりしぼって、自分の持ち主のにんげんのところにかえろうとするのだ。 (p358 マイスター・ホラのセリフ)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.11.13

  • 藤田美音子

    藤田美音子

    このレビューはネタバレを含みます

    『モモ』
    消えてしまった灰色の男たちが教えてくれた事は、自分の心の発する言葉を信じるという事の強さや大切さ、かもしれないと思いました。
    モモが聡明な女の子な所が、大好きでした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.11.12

  • しょーり

    しょーり

    友人に勧められて読んだ。
    動画を観るときに楽しむ気持ちを忘れて倍速にしたり、せっかちに「時間が無い時間が無い」と言っていた自分にとって、日々の生き方を見直そうと考えるきっかけになった。

    子供よりも大人に読んでもらいたい一冊。
    現代人の多くの心は灰色になっているんじゃないかな。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.07

  • ジュリ

    ジュリ

    ずっと昔、小学生の時に読んだ本で、やっと読み返すことができた
    私の根源にある価値観の片鱗がたくさん散らばっていて物語だけでなく、自分の人生を振り返ることもできて本当に面白かった
    私はずっとモモになりたかった続きを読む

    投稿日:2020.11.01

  • nya

    nya

    恥ずかしながらはじめて読みました。


    心が灰色にならないように、気をつけたい今日この頃です。。児童書だけど、大人にも

    投稿日:2020.10.31

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。