航空宇宙軍史・完全版一 カリスト―開戦前夜―/タナトス戦闘団

谷 甲州 / ハヤカワ文庫JA
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.4
3
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • うみ

    うみ

    読む機会が無いままだと思っていた航空宇宙軍史が劇中の時系列に再編されて(しかも大幅な加筆修正)再版されるとは思わなかった。うれしい驚き。
    そして、開戦前の政治的な動きがたっぷりと描かれている。重厚な>カリスト−開戦前夜
    がらっと変わって、冒険小説的なアクション(+謀略)満載の>タナトス戦闘団
    どちらも、80年代に書かれたとは思えないな、これは。
    続きが楽しみである。
    続きを読む

    投稿日:2018.10.14

  • エリック

    エリック

    これはなかなか面白い長編SF物語です。まだ最初の一巻なのですが、2週間以上かかってしまいました。出てくるのは今のところ太陽系内に移住した人類なのですが、戦争をしちゃうんですよね。、

    投稿日:2018.10.13

  • れふ

    れふ

    Amazonでおすすめに出てきて、タイトルで気になって読んでみた。
    読み応え抜群。600ページ強。
    こういう本を読むと、読書はやめられないなという気持ちになる。
    解説にもあったけど、フィクション要素がいつか実現されてもおかしくないようなリアリティに溢れていて、登場人物の思考も突拍子がないなんてことがないところが良い。
    シリーズがまだ終わってないらしいことが、良いのか悪いのか。
    170211
    続きを読む

    投稿日:2017.02.12

  • 横溝ルパン

    横溝ルパン

    読み逃していた航空宇宙軍シリーズが、完全版として発売されたので購入しました。
    この第1巻には、「カリスト - 開戦前夜 -」と「タナトス戦闘団」の2作が収録されています。「カリスト」の方は、政略が物語の中心で、航空宇宙軍側からの描写がないことで、とても緊張感のある物語でした。
    「タナトス戦闘団」は、ダンテ隊長がメインのスパイ・アクション小説風の展開が楽しかったです。
    続きを読む

    投稿日:2017.01.02

  • keixinhu

    keixinhu

    SFの二本立て。一本目はSFとはいえ政治色の強いクーデター。二本目はスパイもの。
    あまりタイトルからは想像し難い。
    面白いしキャラクターも良いんだけど分厚過ぎる。

    投稿日:2016.10.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。