アンゲルゼ 永遠の君に誓う

須賀しのぶ / 集英社コバルト文庫
(15件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
7
4
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ちょ

    ちょ

     やっぱり駆け足だなぁ……いろんなエピソードが怒涛のようにやってきて駆け抜けられた感。これがきちんとえがかれていたらどうなっていたんだろうと思う。
     セカイ系なのかしら。これも。

    投稿日:2014.09.28

  • michi

    michi

    このレビューはネタバレを含みます

    表紙が本当にいいですねえ。
    皆さんの感想をみると何度も読まれてる理由がわかりました…。
    なんてこと…マドマギ以来の衝撃波。

    無力なもーちゃんがもう、愛しいです。
    そしてなんと、皆さんの感想で、これが当初書かれる巻数を減らされたこと、そして補完本なる存在??
    もう手に入らない??なんてこと〜〜〜!
    感想サイトみて断片的に情報入って悶え中…一般文庫にて完璧版を〜!(そして覚野中尉、10年たっても知らないことだらけで涙)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.06.02

  • 璃魚

    璃魚

    うん、好きだ。

    これを少女小説と分類して良いものか、ちょっと悩みました。
    重いお話。

    ちゃんと完結してしまっているけど、未だに続きを読みたいと感じる時があります(笑)

    もーちゃんのデレが、
    もっと見たかった気もする。
    でも、程よい気もする←
    続きを読む

    投稿日:2013.02.26

  • ふりかけ

    ふりかけ

    最終巻。体の変調が治まり、実戦にも慣れはじめた陽菜。しかし、その先にはさらなる過酷な現実が待っていた。決断を迫られる中、現在、過去、未来、すべてと向き合えるのだろうか――。
    読み始めたら止められない怒涛の360ページでした。陽菜の決断と行動がすごかった。1巻であんなぐずぐず言ってた子が(それが普通だと思います)、ここまで成長するとは!みんな幸せになれるんですよね?なれるんですよね!?
    おそらく大人の事情で全四巻に収めることになったんだろう影響で、未回収の伏線や疑問が残っていたりしますが、それでも十分に面白かったです。素晴らしい作品でした。
    続きを読む

    投稿日:2012.09.20

  • chocolatet

    chocolatet

    絵柄が好きじゃなかったけど、大好きな作家さんだから読んでみたら引き込まれました!全巻一気に読破です。

    投稿日:2012.09.08

  • ななえ

    ななえ

    このレビューはネタバレを含みます

    女王蜂としてめざましい働きをする陽菜。けれどその分普通の人間らしい生活は失われていく。そして陽菜に明かされた真実とは。怒濤の最終巻でした。私は湊くん派だったのですが、彼が有紗に向ける想いが切なかったです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.07.06

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。