カルマ真仙教事件(上)

濱嘉之 / 講談社文庫
(15件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
4
4
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • hs19501112

    hs19501112

    濱嘉之の3冊目読み。かな~り久しぶり。
    たしか、「警視庁情報官」のシリーズを2冊ほど読んだのだったかと。。。

    筆者が元公安警察官だったことに興味を抱いて手に取ったものの、“情報戦”の描写の性質上の問題か?現代事件史の紙芝居的にしか見えず、「ああ、この人の本はもう読まないかも」と思っていたのだけど・・・。

    題材に興味を惹かれ過ぎ、ブクログレビューで初めて目にしたときから、いつか読みたいと思い続けた。そしてついに手に取ったら・・・


    面白い。
    上述のシリーズ(2冊)と異なり、主人公の人物像が掘り下げられ、十分に感情移入して読める。

    また・・・あくまでフィクションだと謳われているけれども、固有名詞も一文字違いであったり「音」の雰囲気が似せられたりしている地名やら人名やら・・・・。

    オウム事件のルポを読むような感覚で物語にのめり込まされる。

    中巻、下巻も楽しみ。

    ★4つ、9ポイント。
    2018.09.03.新。
    続きを読む

    投稿日:2018.08.31

  • HIGASHI

    HIGASHI

    オウム事件をモデルにした物語。作者自身警察OBであり、事件の真相をより近くで知る人物だからこそ、描かれる物語にはとても臨場感を感じることができる。ただこのような作品は、どこまでが真実であり、どこまでがフィクションなのか、境界線がよく分からない。
    上巻。まだ序盤に過ぎない。なんとなく物語の結末は予想できてしまうが、読み応えはある。オウム事件を改めて知るうえでも読んでみる価値はあると思う。
    続きを読む

    投稿日:2018.07.30

  • kei_m

    kei_m

    オウム真理教による一連の事件捜査に従事した元公安による小説。
    フィクションというもののノンフィクションようで、小説としての面白さは感じられなかった。

    投稿日:2018.06.25

  • 2006takahiro

    2006takahiro

    警視庁公安部OBの鷹田は絶句した。カルマ真仙教元信者の死刑囚から、秘かに五億円もの金を預かっている男がいたのだ。死刑囚について口を閉ざす男の余命は三ヵ月。二十年の時を経て、あの時が蘇る。すべての蛮行に終止符を打ったはずだったのに。自らの捜査経験をもとにした著者渾身の注目作!続きを読む

    投稿日:2018.06.18

  • mitu310

    mitu310

    2018年1月18日。地下鉄サリン事件などオウム真理教が引き起こした一連の裁判が結審した。

    だが、すべての闇が解明されたわけではない。

    多くの人が、いまだに筆舌に尽くせない苦しみの中にいるのだ。
    そして、オウム真理教は形を変えて、いまだに生きながらえている。


    著者は警視庁公安課などで、オウム真理教による一連の事件捜査に従事した自らの経験をもとにして、この小説を書き上げたという。


    主人公・鷹田正一郎は、国家の安寧のために危険な団体の危険な行動を未然に防ぐために情報を収集していく。

    その過程の中で、憲法で保障された「信教の自由」を悪用し、増長していくオウムの危険性を察知する。

    いざ攻防戦、そのときに松本サリン事件が発生してしまう。


    読み続けていく中で感じるのは、ぶつけようのない「怒り」の感情。

    なぜ、多くの罪のない人たちが人生を狂わされてしまったのか。
    なぜ、頭脳明晰な若者たちが殺人集団になってしまったのか。
    なぜ、オウムの暴走を止めることができなかったのか。


    誤った思想は、多くの人の人生を狂わせ救いようのない苦しみへと陥れてしまう。

    久々に、読みやすいのに読み続けるのが辛い小説に出会った。
    続きを読む

    投稿日:2018.02.17

  • bera5227

    bera5227

    THE REAL。自分が生きて来た中で1番大きな事件を当事者が書いているので引き込まれないわけがない。早く中巻を読まなくては。

    投稿日:2018.02.14

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。