キングダム 46

原泰久 / 週刊ヤングジャンプ
(16件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
8
4
1
0
0
  • 表紙を見て“とうとうこの時が来たか”と思いました。

    黒洋の戦いが終わり、秦による趙を滅ぼす戦争が始まります。
    動員される兵の数はなんと30万!合従軍の時よりも多い!

    人数もすごいんですけど、昌平君が立てた趙攻略の作戦がハイリスクハイリターン。

    今までいろんな戦を見てきましたが、大人数でこれだけのことをするのは見たことがないです。
    そして、その指揮は王翦。
    智将ではあるが何を考えているのか全く分からず不気味すぎます。
    でも、黒洋を通じて桓騎のことが少しわかったこともあり、
    もしかしたらこの戦いを通じて王翦のことが分かるかもと結構な期待を持っています!

    1番の盛り上がりは受け継がれた王騎将軍の矛の場面。
    王騎将軍の意思と矛を受け継いだ信と宿敵李牧との戦いが
    どのように迎えどんな結末を迎えるのか楽しみでならないです!
    続きを読む

    投稿日:2017.07.15

  • 読後感想文  キングダム 46

     え~、読み終えたくないのに読み終えました。とっても面白かったです。しかし残念な事が一つ、シンがとうとうオウキ将軍の矛を戦場に・・・。
     オウキ将軍の値打ちが100とするならばシンは0.00003といったところ。なんせアホすぎる。嬉しがりにしか映らない。オウキ将軍は、戦場始まる前から先の先の先まで考察し、行動し、最善の結果を実力でもたらす。知力のない将軍は見ていてつらい。今までは元気ハツラツ若手成長株で良かったけど。この大きな一戦で他の将軍と顔を並べると悲しいく、このまま将軍には成って欲しくないなぁと思います。
     しかしオウセン将軍はこの中華統一の時代に生まれ自分の能力がどこまで通用するのか歴史と戦っているように観えます。この戦場でどのような采配をするのかとっても楽しみです。
     シン!! オウセン将軍をしっかり見とけよ。でないと矛 取り上げるぞ。
    続きを読む

    投稿日:2017.05.19

  • 法とは何か?

    ついに秦趙の新たな戦争の幕開けとなる一冊です。
    この巻でまず印象に残ったのは呂氏四柱の1人、李斯の台詞です。正直、呂氏四柱の中で一番役にたっていた印象がなかったこの人ですが、この巻ではすごくかっこよく法について説いてくれます。法とはなんなのか、非常に単純なその答えに痺れさせられます。
    そして、始まった趙との戦争ではまだ本格的に戦いに入っていないにも関わらずお互いの戦術とこれからの戦いの一片を見せられただけでワクワクします。
    昌平君の用意する策とそれに対抗する副官・・まだまだ底知れない趙との戦いがどうなっていくのか楽しみです。
    他にもこの戦争の将軍に任命されたり、信がついにあれを使用したりとドキドキさせられる要素がいっぱいで満足の一冊でした。
    続きを読む

    投稿日:2017.07.02

ブクログレビュー

"powered by"

  • puttyhama

    puttyhama

    趙の宰相・李牧の宣戦布告を受けて新たな戦いに挑もうとする秦国。しかし、昌文君たちをもってしてもよい作戦が生まれない。そして出した結論とは…邯鄲ではなく鄴攻めだった!?その対戦の指揮をとるのは意外なあの武将で…

    泣いた~!
    ってもう、ホントに涙腺が弱すぎるのか私は!?
    王騎の矛の登場に涙!

    それは置いといて
    なんかもうまた気になる武将が登場するじゃないの
    司馬尚って何者~!?
    気になる~

    47巻へ続く!
    続きを読む

    投稿日:2019.10.12

  • 葉明

    葉明

    30~46巻まで読了。
    その間に4回ぐらい泣いたのですが。
    やってることめちゃくちゃな人もいっぱいいるけど、
    やっぱり一人一人が信念で生きているからか、
    その生き方をなかなか否定できないんだよねぇ。

    そして、ここで来ました「法治国家」
    これ、授業で教えてもなかなか頭に入らない。
    この漫画読ませればいいんかなぁ・・・
    続きを読む

    投稿日:2019.06.30

  • うらぐ

    うらぐ

    再読。秦趙戦第3ラウンド開始。長くかかるだろうが、おそらく秦趙最後の戦いになる。
    昌文君に法とは何かと問われ、『“法”とは願い』と李斯は言った。この考えが我が国のそれに通底しているとは思えない。現代の法とは、また広義の法とは何かと自分の言葉で言えるようになるまで法について学んでいきたい。
    それはともかく、王騎将軍の矛が漸く登場ーー!待ち望んだ。これまでもいくつもの修羅場はくぐってきた。しかしこれからが本番。がんばれ秦軍、がんばれ信。次巻も楽しみ。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.15

  • なべちゃん

    なべちゃん

    飛信隊の新戦力・仁と淡兄弟。
    遠距離の弓使いは頼もしい。

    そしてついにやってきた趙の「鄴」攻め!
    全軍総大将:王翦将軍!

    必ずや勝利してくれるだろう。

    投稿日:2019.03.03

  • まゆち

    まゆち

    まずは飛信隊の新人選抜試験から。久しぶりに読んだのに、キャラクターやストーリーにすっと入れるのが凄い。私はとても忘れっぽいので…(だから、ブクログのような記録が必要なのですが・汗)。

    投稿日:2018.03.28

  • MMD

    MMD

    このレビューはネタバレを含みます

    宿敵・趙と存亡を懸けた大戦へ!! 新兵募集にて出会った若き兄弟。弓の腕に覚えがあると言うふたりの実力は、飛信隊覚醒の鍵となる!? 中華統一の為に趙との大戦を画策する秦国。しかし、趙宰相・李牧の実力を前に打つ手が見出せない。一大決戦を前に勝利の絵図は導き出せるのか…!?(Amazon紹介より)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.06.10

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。