別冊クイック・ジャパン 3月のライオンと羽海野チカの世界

別冊QJ編集部 / 太田出版
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • たまもひ

    たまもひ

    「羽海野チカロングインタビュー」という見出しにひかれて購入。インタビュアーが吉田豪だもの。面白くないわけがない。読んだらこれがまあ、予想以上の濃い内容。なるほどねえ~と首をコクコクしまくり。

    「3月のライオン」のあとがき漫画など、結構ヘビーに自虐的な感じ。まあそういう風に描く漫画家さんは珍しくないので、ある程度ネタなんだろうなと思っていたが、なんのなんの、羽海野先生、本気でああいう人なのだった。吉田豪さんにその自信のないオタオタぶりを大笑いされたのが、「カウンセリングみたい」で救われたそうな。こんな敏感で脆い感受性の人が、ああいう激しいものを描くんだ。まったく、表現者というのは並の人ではないとつくづく思った。

    それで思い出したのが、山下洋輔が浅川マキのエピソードを紹介して(落ち込むとライブがあろうが何だろうが部屋から出られなくなるらしい)、「キチガイを小出しにできない人」だと評していたこと。これはある種の天才肌の人について言い得て妙だと思ったものだが、羽海野先生もそういう系譜の人なのだろう。才能というのは恐ろしいものだ。あ、考えてみれば、ハチクロもライオンもそういう話だよね。

    ハチクロについても多くのページが割かれていて、これも興味深かった。最後のはぐちゃんの決断には「えーっ!?」という声も多かったそうだ(まあそうだろうなとは思う。フツーの少女漫画ならはぐちゃんは竹本君とくっつくだろう)。私はあれで「大団円」なのではなく、この物語は続いていくもので、すごく開かれた感じの終わり方だと思ったのだけど、それもそのはず、羽海野先生はすべての登場人物について、生まれてから死ぬまでの年表を作ってあって、どこからでもいつまででもお話しを作ることができると言っていた。いやあ、すごいわ。またハチクロが読みたくなった。
    続きを読む

    投稿日:2018.01.14

  • やぶ

    やぶ

    ・けっこう長く羽海野先生のファンだったつもりだけど、ここまで繊細な方だとは知らなかった…!吉田豪さんがカウンセラーのようになるロングインタビュー、読みごたえがありました。零ちゃんの「将棋しかねーんだよ!!」は羽海野先生の叫びでもあったのか。どうしてこのテーマだったのか、すごく腑に落ちた気がした。

    ・TVアニメレビューが意外なほど良かった。人によって、こんなにもいろいろな見方があるのかと。将棋、家族、街など、いろいろなモチーフで描かれていたんだなぁ。これを読みながらもう一度観返したい。
    続きを読む

    投稿日:2017.05.15

  • 黄昏のジェダイ

    黄昏のジェダイ

    このレビューはネタバレを含みます

    特集内容と羽生三冠を含む棋士のインタビューも掲載されていたので手に取りました。

    思ったほど目新しい内容はなかったのが残念でしたが、実写映画監督の大友啓史さん『3月のライオン』担当編集者の友田亮さん、『ハチミツとクローバー』初代担当編集者の小山繭子さんの記事は印象に残りました。

    まだ実写映画は見れてないですが近日中にと思っております。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.04.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。