認知症の家族を支える ケアと薬の「最適化」が症状を改善する

高瀬義昌 / 集英社新書
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • sunny

    sunny

    薬の最適化、ケアの最適化、マネジメント力が三本柱となり、認知症の家族を支える。

    認知症を語る上で近年見かけることが増えた「希望」。
    医師である著者は、「これをやっておくといいですよ」等のポジティブな表現を心掛けているという。
    介護職にも通じることだけど、そのためには引き出しを増やす必要があるわけで。

    さて、著者の専門である薬の最適化についてだけど、6種類以上で多剤併用とされる。バーチカル式の手帳のように家族がログをとり、薬の効果と副作用を検証。減薬することで年間20万円以上も薬剤代が節約できた事例もあるそうです。
    続きを読む

    投稿日:2017.07.13

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。