やつがれとあん胡郎

くるねこ大和 / 一般書籍
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.8
3
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 九月猫

    九月猫

    油断しちゃだめだめ!
    だってくるさんだよ、やつがれだよ!

    と思っていても、ページを開いた途端、かわいくて楽しいやつがれワールドに。
    ああ、くるさんの書くあん胡ちゃん(この本ではあん胡郎)は、おもしろかわいいなぁ。
    いつの間にか、とぼけたお顔と幇間っぷりにすっかり油断。
    わはわは、うふうふ、笑いながら読んでいて……

    きゅッ 「わっちの分け前だっぺ」

    ぶわぁぁぁあ!一気に涙腺崩壊。
    やつがれとセンセーに負けないくらいすごい顔に。

    「だっぺ」でここまで泣かされるとは。なんてこったい。
    続きを読む

    投稿日:2013.07.08

  • adzblog

    adzblog

    やつがれシリーズ4作目。
    一気ににぎやかになったやつがれ一家。
    思えば1作目はやつがれと鍼のセンセー(と、おかみさん)だけだったのが、物語が進むにつれて少しずつ家族と仲間が増えてきて…これだけでもじーんとする。
    そこに迷い込んできた「あん胡郎」が、今回のストーリーの主軸。
    あん胡郎と「左の親分」の絆に、お互いを思いやる心に泣かされる。
    そしてラスト、まさかそう繋げてくるとは・・・!
    最後の最後まで楽しめる一冊。
    続きを読む

    投稿日:2013.07.02

  • ゆうま

    ゆうま

    やつがれシリーズは、涙なしには読めません。いやな涙ではなく、あたたかい涙。ひとがひとを思いやる気持ちって、大事だなあ…(猫だけど)

    投稿日:2013.04.07

  • いつまでも猫

    いつまでも猫

    やつがれシリーズは人情物でほのぼのする。
    今回もあん胡郎が健気で泣けた。
    買ってからもう何回も読んでいます^^

    投稿日:2013.04.05

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。