自分を超え続ける―――熱意と行動力があれば、叶わない夢はない

南谷真鈴 / ダイヤモンド社
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
4
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 1to52

    1to52

    このレビューはネタバレを含みます

    夢を叶えるには熱意(精神的なもの)と行動力(身体的なもの)がいる。

    夢に向かって進むとき、苦しいこともある。
    苦しさには精神的なものと身体的なものの2種類がある。

    どちらがより苦しいかというと、精神的なもの。
    身体的な苦しさは、精神力でカバーできる面がある。
    精神的な苦しさは、それが精神力そのものをさらに蝕むから。

    精神と身体は表裏一体ではあるけれども、もしかして、
    あえて別つなら、人は精神に軸足がのっているのかもしれない。


    エベレスト登頂のとき、あるシェルパに強姦されそうになったという。
    シェルパはエベレスト登山において命を預ける存在。
    命を預けるのだから、絶対的信頼を寄せる存在。

    シェルパ全体の問題ではなく、ただ一人のシェルパが犯罪を犯したということだけれど、
    これまで全幅の信頼をおいてきて、明日も命を預ける人からの裏切りは如何程であったことか。

    追い討ちを掛けるように、リーダーは
    「あの事件で、シェルパさんたちは全員、あたなに協力したくないと言っている。
    もしかしたら登頂が難しくなるかもしれないね」
    と告げたという。

    犯罪を犯した人は、仲間たちに
    「標高のせいで幻覚を見たんじゃないか。
    僕は彼女を助けようとしていただけだ」
    と嘘をついたという。


    わたしたちは、よく知らない人と比べたら、大抵は身近なよく知っている人の方を信じる。
    当然、仲間を悪し様にいわれたシェルパたちは、協力したい気持ちを無くしただろう。

    シェルパは命を預ける存在である。
    だから、シェルパがどういう状態であるか、それを把握しておくことは命に関わってくる。
    経緯はどうあれ、リーダーは事実を伝える必要もあっただろう。

    けれども

    犯罪を犯したただ一人のシェルパを除けば、
    それぞれが、おおよそベターと信じる選択をしたというだけで、
    全体に暗雲がたれこめ、精神に大きな痛手まで負ってしまう。
    それも極限的な環境下で。


    早く行きたければ一人で進め、遠くまで行きたければ皆で進めという格言がある。
    わたしたちは、日頃、仲間に全幅の信頼をおいて命を預けているだろうか?
    その人から裏切られても、なお、挫けずに夢に向かって進めるだろうか?

    何かのキッカケで、突然追い詰められ、失意を抱える日も来るだろう。
    それでもなお「絶対に登ってみせる」と思う。叶えたい夢が頭から離れない。
    これが自分の心のコンパスに従って生きるということなのだと感じた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.09.10

  • かりん

    かりん

    著者は19歳で日本人最年少の世界七大陸最高峰登頂者となり、早稲田大学政治経済学部在学中。一歳半から父親の仕事の都合で色んな国で育つ。
    若干10代の女の子がグランドスラムを達成すると目標を定め、ユニクロをスポンサーに付け、実際に成功させる、その熱意と行動力はすごいとしか言いようがない。10代の彼女の方が、40代の私より、よほど達観している。彼女の今後が楽しみ。エネルギーをもらえる本。続きを読む

    投稿日:2020.07.24

  • mimi3ami3

    mimi3ami3

    本棚を整理していて出てきた本を再読。

    執筆当初まだ19歳だったにもかかわらず、自分の目標を掲げ、資金集めからトレーニングまで全て一から計画立て実行していく姿にとても感銘を受ける。

    処分しようと思った本だったけど、また怠惰になったときカツを入れてもらうべく読み返したいなと思い本棚に戻した本。続きを読む

    投稿日:2019.10.31

  • mysterymanbo

    mysterymanbo

    二十歳そこそこの小娘が・・いえ、すごい人です!
    プロ登山家からみれば、酷寒の時期を外しての日本人最年少記録もそれほど誇らしい偉業ではないのかもしれませんが、資金調達や基礎体力を含む登山技術力アップなど女子大生一人ですべてやりぬいたセルフプロデュース力と行動力、克己心、人たらし力などがこの人には天賦の才能として奇跡的に備わっています。
    明るく前向きになれる勇気と希望をもらえる良書です!
    続きを読む

    投稿日:2017.09.22

  • miwa

    miwa

    すんごいな、

    この原動力はどっから
    湧き上がるんだろうか。

    30歳、40歳
    がたのしみ。

    お母さん
    たいへんだったろうなぁ。
    家族の危機のはなし。
    なんか、そこが気になっちゃった

    投稿日:2017.08.22

  • amenonioi

    amenonioi

    南谷真鈴がなぜ探検家グランドスラムを目指すことになったのか?

    ただし、この本はその冒険を書いたものではない。
    人が生きていくために必要なもの。豊かな人生を送るために必要なもの。
    そのようなものを19才のひとりの女性、南谷真鈴が探した道を綴っている。

    だから、冒険や旅の本としては物足りないし、ハウツー本でもない。

    だけど、書かれていることはよくわかる。
    「熱意と行動力があれば、叶わない夢はない」
    まったく同感だからだ。

    評価4にしたのは、この本が若い人たちに響くかどうかわからなかったから。
    もしも、この本を読んで若者たちが変われるのなら、私として満点を上げたいと思う。

    またひとり、会ってみたい人が増えた。
    続きを読む

    投稿日:2017.06.08

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。