殺さない彼と死なない彼女

世紀末 / 中経☆コミックス
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
2
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 三里 音

    三里 音

    このレビューはネタバレを含みます

    何度読んでも泣いてしまう。人を愛することは素敵だなと思わされる。1人になっても生きていく決意ができた彼女はとても強い人間だと思う。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.08.09

  • 猿山リム

    猿山リム

     劇場で映画を観て、原作が気になって購読。
     映画の感想は「三人のメンドクサイ女の子の恋模様」って感じだったんだけど、マンガはちょっと違った印象。
     割と原作を大事にしてた映画のようで話は一緒なんだけど、受ける印象は変わってくるのね。
     四コマという短いコマのなかで、恋愛模様を描くわけで、台詞の一つ一つが奥の深い名台詞のオンパレードになる。
     スタンダードな起承転結にとらわれない、四つの駒で展開する恋愛表現。
     その研ぎ澄まされたセリフ群は、「詩」を通り過ぎて、哲学の域に立っていてる印象。
     さきに映画を観ているから、マンガを読んでいるけれど、映画のシーンが目に浮かぶ。
     そして、DVDとかで映画を見直すと、マンガを思い出すんだろう。
     映画とマンガ、同じ内容で別の印象で、どちらも割と好き。
     こういうケースは滅多にない。

     そうか。
     内容に触れてなかった。
     派手な女子高生と地味な女子高生の話。
     ひたすら一途に一人の男子高校生を思い続ける女子高生の話。
     「殺す」が口癖の彼と自殺癖があるけれど死なない彼女の話。
    続きを読む

    投稿日:2020.03.08

  • ブクログスタッフ

    ブクログスタッフ

    映画化で注目!
    SNSで反響を呼んだマンガが遂に映画化!その内容は読んだ人の胸に深く突き刺さるに違いありません。

    投稿日:2019.10.30

  • ecoute

    ecoute

    う〜んツイッター見てる感じ。日常のポロポロした後ろ向きの感情だけ集めたような。だから見ていて共感するところもあるしちょっとほっこりするところもあったけど、全体のトーンが変わらなすぎてインパクトが無かった。続きを読む

    投稿日:2019.08.16

  • 成瀬

    成瀬

    泣かされた。



    きゃぴ子と地味子ちゃん、
    君が代ちゃんと八千代くん、
    殺さない彼と死なない彼女、

    どれもよかったなぁ。



    読み進めていくと
    どんどん胸が締めつけられていく。

    愛しくて、切なくて、憧れる。



    私の大好きな本。

    本編も最高ですが、あとがきも良かったです。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.19

  • kei2007jp

    kei2007jp

    このレビューはネタバレを含みます

    すごくいい。クラスメートに死カノがリスカしていることを聞いて「ふーん(ウケネー)」っていっている彼が好き。彼の「お前は起きてごはんを食べて学校に行くんだよ」という言葉すごく優しく感じた。彼女のことを思っているなって。作者のあとがきの、「死んでしまい時もあるかと思うけど私はあなたに生きていてほしい。」という言葉に救われた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.10.10

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。