地球はなぜ「水の惑星」なのか 水の「起源・分布・循環」から読み解く地球史

唐戸俊一郎 / ブルーバックス
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
1
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • まっしべ

    まっしべ

    はじめてのブルーバックス。
    恐らくはもの凄く易しく書かれていると思うのだが、読み切るのにかなり苦労しました…。

    ’水はどこから来たのか’から知り、’水はどこにあるのか’を知り、’水はどう動いているのか’を順に学んでいく。

    地球にのみ海洋が存在する理由は「循環」。
    マントル対流・プレートテクトニクスの働きにより、枯れることもなく水に覆い尽くされることもなく均衡が取れているからである。
    …これだけでも、我々は途方も無いくらいの奇跡の上に立っている事を思い知らされる。

    まだまだ未解明の事柄について、とりわけ他の地球型惑星における水の存在は注目していきたい。



    1刷
    2021.8.29
    続きを読む

    投稿日:2021.08.29

  • bookkeeper2012

    bookkeeper2012

    地球はなぜ「水の惑星」なのかを、ビッグバンから説き起こして、物理学→化学→地球科学といった具合に論理的にビルドアップしてくれる。

    「水の惑星」と言っても海水の質量は地球全体の0.023%しかないのだが、地中の鉱物に水素・酸素として溶け込む形でもっと多くの水が存在している可能性があるそうだ。しかも、それら地中の「水」と海水のあいだにはプレートテクトニクスを通じた出入りがあるという。

    未解明の課題や、それらに科学者たちがどういったアプローチで取り組んでいるかといった最前線まで解説しており興味が尽きない。

    冒頭に著者が略歴を語る部分があって、そこも面白い。1968年に理系の学部に入学、地質学に物理学の方法論を取り入れた魅力的な分野に見えたので地球物理学科に進んだが、いざ実際に学んでみると物理学とは名ばかりで、現象論の列挙ばかりの退屈な学問に思えて仕方がなかったとか。その閉塞感を破ったのはスイスのマイヨールらによる1995年の系外惑星の発見だったと。あとは太陽系内の他の惑星についても観測が進み、たとえば1990年には地球に似ていると思われていた金星に予測されていたほどの地質活動が起こっていないことが明らかになったりした。地球がどのようにして現在あるようなユニークな惑星になったかがビッグ・クエスチョンになったわけだ。しかし1995年と言えば著者はとっくに研究者生活も四半世紀あまりでアメリカにも移住しているくらい。我慢して研究して花開くものもあるのだなと思わされる。
    続きを読む

    投稿日:2021.03.29

  • korisu3964

    korisu3964

    図書館で題名にひかれて借りました。面白い本でした。
    地球は「水の惑星」と呼ばれています。しかし、地球の水の量は質量にして、地球全体の0.02%程度にすぎません。この数字は意外であり、好奇心が冒頭から刺激されました。
    著者の唐戸俊一郎さんは地球惑星物質の研究者。本書は水をキーワードに、地球や惑星の形成と進化について地球惑星科学が明らかにしてきたことを解説します。

    本書が論じるのは
    ①138億年前の宇宙の起源
    ②なぜ太陽に近い場所でできた地球に水が生まれたのか?
    ③なぜ地球にプラートテクトニクスと呼ばれる独特のマントル対流が起きているのか?
    ④海水はなぜ消滅しないのか?
    ⑤地球の内部に水は存在するのか?
    ⑥太陽系の他の惑星の内部に水はどれだけあるのか?

    本書の帯には「地球科学を俯瞰する、最良の入門書」とありますが、内容は平易ではありません。理解するには高卒程度の化学や物理の知識が必要だし、集中も必要です。それでも、地球の面白さが伝わってくる良書です。巻末の参考文献の紹介も親切で、高校生の頃に出会いたい本と思いました。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.04

  • 北海道大学水産学部図書室

    北海道大学水産学部図書室

    【電子ブックへのリンク先】

    〇学内からアクセスする場合
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000057438?68

    〇学外からアクセスする場合
    https://elib-maruzen-co-jp.ezoris.lib.hokudai.ac.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000057438?68
    ※リモートアクセスサービスへのログイン画面が表示されますので、ログインの上ご利用ください。
    続きを読む

    投稿日:2020.06.11

  • Στέφανος

    Στέφανος

    序章 ユニークな惑星、地球
    第1章 地球についてのABC
    第2章 惑星の水はどこから来たのか
    第3章 水が地球の性質を変える
    第4章 マグマの海と地球の水
    第5章 水は地球内部をどう循環しているか
    6章 地球、月、惑星の水
    第7章 水惑星に残された謎
    第8章 地球惑星科学を学びたい人のために

    著者:唐戸俊一郎(1949-、福岡県、地球物理学)
    続きを読む

    投稿日:2019.02.05

  • kanabun_desu

    kanabun_desu

    このレビューはネタバレを含みます

    最先端の科学って面白いですよね。
    ブルーバックスのシリーズは、まさにその分野を日々研究されている先生方が分かりやすく説明してくださっており大変興味深いです。
    本書もご多分に漏れず、地球科学?地球物理学?地球地質学?いやなんか、地球に関する研究の最先端を知ることができます。
    何を問題視しているのか?何が分かっていて、何が分からないのか。さあ読んでみましょう!
    興味深いですよ!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.08.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。