逃げちまえ!

野梨原花南, 木下さくら / 集英社コバルト文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 4.6
5
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ramania

    ramania

    表紙に魅かれてジャケ買いしたけれど、軽く読めて面白い。
    マクロードが頭良いのか悪いのか解らないところが好き。
    ふっ、と笑える作品。

    投稿日:2012.07.13

  • いちふじ

    いちふじ

    『ちょー』シリーズで有名な野梨原花南先生の作品。アメリカ映画のような軽快なストーリーとキャラクターが魅力的でぐいぐい読めます。何回読んでも飽きない大好きな作品です!

    投稿日:2011.11.16

  • 月居遥

    月居遥

    人気作家様である野梨原花南先生の中でも傑作なのに、現在比較的入手困難な1冊です。
    ノベライズなど除き今作以外で見れない木下さくら先生の挿絵が絶品すぎるので(今でも文庫の挿絵という意味で1番好きかもしれない)、それだけでもオススメです(オイ)。
    今中古なら簡単に入手出来ますが(しかも2パターン。元々今は無き「スーパーファンタジー文庫」から出たものであり、紹介のものはコバルト移行版。旧版は本文が若干と挿絵が違います。旧版は未所持)、再販されてもいいのになぁ。
    てか続きが見れると凄く嬉しいかもしれないが、木下先生挿絵は難しいか;;

    と、本文も非常に良い。
    野梨原先生は単発というか1巻完結のほうが面白いと思います。
    1話完結の刑事ドラマ(日本物+海外物)のような感じで、軽快に起承転結します。
    2000年発売ですが、当時も1回読んでいたのですが大筋はすっかり忘れていたので(笑)、新しく読めました。
    …て大筋の大オチはしっかり覚えていたのですが(^_^.)

    今続編?の「あきらめろ!」も所持なのでこっちも読むつもりです。
    続きを読む

    投稿日:2009.10.30

  • まな

    まな

    テンションとノリと勢いのよさが爽快な逃走活劇。メイン以外の登場人物にも、それぞれちゃんとキャラクターがあってよいです。ホームレスの男女とかホットドッグスタンドのおっちゃんとか船頭さんとか。読後にタイトルがバシッと決まる感じも好きです。続きを読む

    投稿日:2008.05.05

  • 稀璃。

    稀璃。

    タイトルと、主人公の台詞がよくあっていて、よけいに台詞に重みが出ていた気がします
    何でも屋を営む女性と、小粋な悪党の話。
    個人的にちょーシリーズよりこちらの方が好き
    (2001/10)

    投稿日:2006.05.25

  • きじまはるこ

    きじまはるこ

    ちょーシリーズより前に書かれたものをスーパーファンタジー文庫からコバルトへ移植。
    やっぱ作家さんはプレッシャーのない状態で好き勝手書いているのが一番面白いんだなと実感。ちょーの後半に比べたらこっちのほうがずっと野梨原さんらしくて面白い。続きを読む

    投稿日:2005.06.22

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。