幼女戦記 7 Ut sementem feceris, ita metes

カルロ・ゼン, 篠月しのぶ / KADOKAWA
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 4.8
3
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • aya(14)

    aya(14)

    純粋に戦術レベルを細かく描写していたこれまでの戦記物の枠を徐々に外れて、政治に介入しはじめそうな気配。劣勢にもかかわらず、世論に押されて戦争を止められない政府と、一刻も早く「損切り」という名の和睦をしたい軍部との衝突。歴史上ありがちなテーマだが、しっかりと描かれることが少ないので、とても楽しみである。続きを読む

    投稿日:2018.12.04

  • karasu10281028

    karasu10281028

     帝国は連邦相手に勝利を収めた。東西南北で負けなしの帝国は、次も勝てると確実に思ってしまって、終わらせられる戦争を続ける選択をとってしまう。国を存続させる金を得るためなのだが、この決断はあまり良くない場所に向かっているだろう。戦争ばかりして好かれはしないし、帝国一強を周辺国は許さず、団結してくる。軍も、その下の兵士も最良の働きをして賭けに勝った。その勝利に酔い、欲張った政治家達に潰されて帝国は自壊していきそうだ。
     ドレイクの下では相変わらずメアリーがわがままをしているが、ドレイクが育てて良くなるのかな。死を犠牲にレベルアップをしそうな予感。
     次巻からは今までの話し合いを白紙に戻してやり直すのだから本部が大変そうだ。もっとグチャグチャになって、どうしようもない話を見たいですな。
    続きを読む

    投稿日:2018.10.25

  • kazzu008

    kazzu008

    ライヒの民衆に声に押される形で地獄絵の戦争に突き進まざるを得ない状況を描いた。戦争は目の前の敵にただ勝てばいいというものではないということをまざまざと見せつけられる。

    投稿日:2018.04.09

  • 七祈

    七祈

    第一次二次大戦時のヨーロッパ的異世界へ「幼女」として転生させられちまった元エリートビジネスマンの物語、その第7弾。

    ドアノッカー再び、ですね。久々にサラマンダー戦闘団の無双+ターニャのラッキー発動があってスカっとしました。ですが……。

    近代戦争における「講和」という終わらせ方は非常にハードルが高いのだなと改めて理解しました。戦争に勝つことのできる盛況な軍隊があっても、戦争を終わらせる有能な政治家がいないのが、旧独国を彷彿とさせますねぇ。鉄血宰相ビスマルクがいればと夢想したくなります。
    続きを読む

    投稿日:2017.03.06

  • uimui

    uimui

    このレビューはネタバレを含みます

    政治的な原因で戦争は終わらなかった。
    一見官僚側がアホに見えるんだが、政治状況、経済状況など裏側を想像するに、
    なかなかシビアなところで戦ってるなという印象。

    そう考えると日露戦争で引くタイミングを過たなかった当時の政治家は、異常なくらい。

    なかなか含蓄深い。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.01.15

  • ちこ(´・ω・)

    ちこ(´・ω・)

    勝利を重ね過ぎるというのもよくないというのは博打と同じだな。
    このタイミングで交渉をしなかった事を国が気付き、後悔するのはどのぐらい後だろうか。

    投稿日:2017.01.14

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。