全裸監督 村西とおる伝

本橋 信宏 / 太田出版
(21件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
6
8
6
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • いおり

    いおり

    かなりボリュームがあり、途中飽きもするがとてつもなく面白い展開(実話)もあり、気づけば最後まで読んだ。現在、用いられている様々な用語・手法のルーツが村西とおるにあることを知った。Netflixの内容は本書と異なる部分も大いにあるが、それはそれで面白くまとめられているのでNetflixもオススメ。ナイスです!続きを読む

    投稿日:2019.10.24

  • ちょ

    ちょ

     伝説のAV監督の村西とおる。ネトフリでのドラマが話題なので原作本を読んでみる。
     びっくりするほど下品で女性蔑視だ。
     下品だが、エネルギーがすごくてなんというかすごい。高度成長期の力なのか。
     ただ……かなりAVのせりふ回しとかあって、エロ小説みたいになっている箇所があるので不愉快に感じるところがある。
     女性蔑視かつ、女性をモノとして扱っているように見えるところがあるので、読む方は注意。

     この本は村西とおる氏の全盛期時代に一緒に働いた著者だから書けるのだろうし、それ故におもしろいが、やや近すぎる。

     いつか、いろんな人から見た村西とおる氏の本を読んでみたい。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.13

  • shimu2

    shimu2

    【あのね。真剣に生きている人間の姿は端から見るとおかしいもんだよ】(文中より引用)

    性界のトップを極め、AVの帝王として知られる村西とおる。バブルの崩壊と共に借金50億をこしらえ、アメリカでは懲役370年を求刑されながらも、ほとばしる情熱と生命力で生きに生き抜いてきた男の半生をたどる作品です。著者は、バブル焼け跡派と自称する作家の本橋信宏。

    2019年の暫定ナンバー1。村西氏に倣ったら間違いなく不幸な人生を歩むことになると思いますが(そして必ずしも「正しい」人生を歩めるわけではありませんが)、村西氏と氏が生きた社会からはまだまだ学ぶべきことがたくさんあるのではないかと感じました。行間から熱量が伝わってくる作品です。

    実にナイスでした☆5つ
    続きを読む

    投稿日:2019.09.09

  • 兵庫ねこ研究所

    兵庫ねこ研究所

    “あのね、真剣に生きている人間の姿は端から見るとおかしいもんだよ”

    “いかがわしいけどわくわく感たっぷり。そんな雑貨屋が俺なんだよ”

    “振り返ってみるとラッキーな人生だったよ。人に恵まれ、運に恵まれ、命ここまで長らえることできて感謝の言葉しかないよ”

    “閨閥も学歴もコネもなにもないおれがあきらめるということは死ぬことなんだよ。だから諦めることは選択肢にない”

    “人を説得するは二つの条件が必要なんです。まず、その人を理解すること。これは女を口説くのも男を口説くのも同じです。まず、どういう考え方を此の人は持っているのだろう?を知ることが、人を説得するときには必要ですね”

    “物事の客観的な考え方って、この世には一つもないとおれは思っている。数字や時間といったもの以外はね”

    “自分はインチキなもの作っている。いつかバレる、と思っていましたよ”

    “それでも、自分が今あるのはあなたのおかげ、なんて堂々と言ってくれたんだからね。男気のある男だよ。よし、もう1回やってみるか、ってなったからね”

     誰の言葉だろう?矢沢栄吉?アントニオ猪木?はたまた松下幸之助?

     いや、違う。ビニ本の帝王、稀代のAV監督と言われた、村西とおるの言葉だ。

     成功者というカテゴリーに彼を入れるのは違うだろう。しかし、何かを成し遂げた人間には一つ筋が通っている。そして、その筋は、業種が異なれど、ほとんど違いはない。己を信じ切る強さ、一番大切なものはここだろう。

     もっとも、業種が業種だけに、彼のもたらした闇の部分はあるはずだろう。しかし、本書の性格上、ともに働いたスタッフが統合失調症になったと思われる部分など、記載は一部に留まっている。
     
     彼の制作したAVに出演した女性、そのすべてが村西とおるの熱意で納得して出演したとは思えない。推測だが、人生を壊された人もいるかもしれない。ここは割り引いて読むべきだろう。
    続きを読む

    投稿日:2019.08.26

  • hosinotuki

    hosinotuki

    スキャンダルの奥には一筋縄ではいかない事情がある.暴力団の組長がAV監督をやっていたような存在感.良くも悪くもまさしくAVの帝王!息子のことにも触れていたが,家族は大変だろうなぁとしみじみ思った.「ナイスですね.村西とおる」を見てみたい.続きを読む

    投稿日:2018.12.13

  • ドラソル

    ドラソル

    80年代から90年代初頭に一世を風靡して、借金50億を作りながらも今なお現役で活躍する村西とおるの伝記。

    当然ながら清濁併せ持つ人物だが、その転んでもただでは起きないバイタリティが、現代の我々に足りないものなのかもしれないと思った。続きを読む

    投稿日:2018.07.24

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。