赤い月の物語

小浦昇 / ダイヤモンド社
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
2
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • MOTO

    MOTO

    「銅版画」という言葉から、
    荒削りで、ゴツゴツしたイラストか?!と、思っていたが、
    そんなイメージとは全く異なっていた。

    とても繊細でやわらかな線の『赤い月』。

    ざわざわしないほんのりとした「赤」に、
    すぐそこまでの「夜」を溶かした風景が切ない。

    プレゼント「されたい」画集だなぁ~と思った。
    続きを読む

    投稿日:2013.09.12

  • 深雪

    深雪

    赤もいい
    でもやっぱり青が欲しいなー
    きっと探して買ってみせる

    夕焼けとか、朝日とか、そんなイメージで見ました

    投稿日:2011.12.23

  • huit

    huit

    幻想的な絵に魅かれ手にとりました。実は物語にはなっておらず、メッセージ性の強い詩が沢山載っています。

    投稿日:2005.05.16

  • 月巣鈴々

    月巣鈴々

    時に鳥となり鳥籠に囚われる。時に人の顔となり街中を歩き回る。この本には様々な月がいる。その不思議さが心地よいと思う。

    投稿日:2005.04.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。