院内刑事

濱嘉之 / 講談社+α文庫
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 2.6
0
1
2
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • touxia

    touxia

    警察OB /廣瀬知剛が、病院のリスクマネジメントをする。
    川崎殿町病院の総務部危機管理担当顧問という肩書きがある。
    それを「刑事」と呼ぶには、違和感がある。

    廣瀬の元に全日本航空の総務部秘書室長から
    福岡からの機内で浅野財務相が健康異変との連絡が入る。
    脳梗塞の疑いがある。
    羽田空港から、廣瀬のいる「川崎殿町病院」へ搬送される。
    心臓が弱り、脳梗塞の二つの手術を 一気にやる。
    心臓と脳外科の権威がいるからできる。
    その情報を、必要な人だけに伝える。それが廣瀬の役割。
    浅野財務相は、麻生大臣を彷彿とさせるが、ちょっとかっこよすぎ。

    その財務相は、ジキタリスを飲んだことがわかった。
    血圧を上げることで、死に至らしめる可能性もあった。
    誰が、ジキタリスを飲ませたのか?
    公安でくすぶっていた地域課長を引き上げて
    公安の管理官にして、ジキタリスの犯人探しをさせる。

    廣瀬の院内刑事の評価基準が厳しい。
    ヤクザに対する対応の仕方が、きちんとしている。
    医師法19条は「診療に従事する医師は、
    診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、
    これを拒んではならない。」つまり 応召義務。
    しかし、暴力団はこれに当てはまらない。
    医師のセクハラと幼児ポルノの摘発。
    そのやり方も、筋が通っている。確かにハッキングするけど。
    結局、九州の勢力争いと新興宗教の不満から始まっていた。

    ちょっと、違った視点での切り口で、濱嘉之の新しい作品群が
    生まれる可能性があった。
    でも、なぜか、物足らないところがあるなぁ。
    それは、廣瀬が主人公なのに、出番が少ないからなのかな。
    まぁ。廣瀬の事件の処理能力が高い感じがする。
    続きを読む

    投稿日:2018.12.13

  • 2006takahiro

    2006takahiro

    廣瀬知剛は、政治家も利用する大病院で働く警視庁公安総務課OB。モンスターペイシェント、院内暴力、セクハラ、果ては暴力団関係者、薬物反応の出た患者の対応まで、ありとあらゆるトラブルの処理に追われている。ある日、脳梗塞で倒れた財務大臣が運ばれてきた。どうやら何者かに一服盛られたらしいー“院内刑事”の秘密捜査がはじまる!続きを読む

    投稿日:2018.05.27

  • tansuikabutu100

    tansuikabutu100

    記録

    刑事物が好きで読み始めてみたら
    これはまた違った感じの刑事物だった。
    兎にも角にも廣瀬がキレ者で
    クレーム対応や先を読む力を
    私にも教えて欲しいと思った。
    病院には警察OBがいるってことも
    の本で知れて勉強になった。続きを読む

    投稿日:2017.07.28

  • sugahata

    sugahata

    公安OBで大病院のリスクマネジメント担当顧問が主人公。病院内の話かなと思ったらいつもの公安テイストの連作短編集ストーリーに仕上がっている。財務大臣の暗殺事件が本筋だが病院のリスクマネジメントのエピソードも絡める。それなりに面白いがどっち付かずになってテーマがボケている。全体的にはバランスが悪いかな?続きを読む

    投稿日:2017.06.10

  • bera5227

    bera5227

    面白かった。最初はチームバチスタ的な話なのかと思いきやさにあらず。財務大臣暗殺未遂事件を解決するために外部から警察を導く展開は興味深かったし、院内交番なんてものがあるのも知らなかった。派手さはないが個性のある作品。主人公が極めて切れ者なのは他の作品と変わらず。続きを読む

    投稿日:2017.05.02

  • headshrink

    headshrink

    このレビューはネタバレを含みます

    亀田を彷彿とさせる大病院のリスクマネジメント担当が主人公の物語。
    が、舞台が病院である必然性はほとんどなく、そもそも主人公の出番が少ない。ミステリーとしても成立していないし、何が書きたいのか最後まで分からなかった。シリーズ物で、これだけ読んでも意味が通じないようにできているのだろうか???

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.03.10

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。