メディア、編集、テクノロジー

高橋 幸治 / NextPublishing
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ryh

    ryh

    今の自分の仕事を三文字で表すと?と尋ねられたら、この本のタイトル『メディア・編集・テクノロジー』になるかもしれない。一章ずつ読んでいこうと思っていたけど、思いの外面白くて一気読み。マクルーハンの「まず、われわれが道具を作り、次は道具がわれわれを作る」という有名な言葉があります。そのほかメディア論や思想史の代表的な論者の議論を下敷きに、筆者なりの思考が錬成された文章は読んでいて小気味良かった。本を要約するならば、冒頭にあった「編集はメディアとテクノロジーに規定される」ということになるのかと。

    「編集」とは特定の意味を生成する情報加工術 p11

    「編集」は「メディア」と「テクノロジー」に規定される p14

    いわゆる電子書籍が市場に投入される以前から、インターネット自体が最大の電子書籍だった。p108

    極言してしまえば、アナログ/デジタルを問わずあらゆる情報メディアというのは各テレビ局、各出版社、各Webサイトが発信する情報=「ミーム」の覇権争いなのである。p150

    マクルーハン「まず、われわれが道具を作り、次は道具がわれわれを作る」p170

    しかし、そうした技術と人間との新しい関係による世界像やその可能性をいちはやく提示し、思索や議論を誘発するのがスペキュラティブ・デザインの役目なのだ。p193
    続きを読む

    投稿日:2017.03.10

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。