おれたちに偏差値はない 堂南高校ゲッキョク部

福澤徹三 / 文春文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
2
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ジューゴ

    ジューゴ

    このレビューはネタバレを含みます

    昭和の良き時代を擬似体験できる本。あと不良の生き様が知れる笑 読んでて面白かった。違う人として生活する物語は基本ハズレがない。

    主人公の父親の旧友が、父親の墓で手を合わせる場面が良かった。義理堅い人。中年になっても続く友情は美しい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.02.09

  • miegoreng

    miegoreng

    タイトルが内容とまったくあってないけど
    楽しく読んだ。
    私の生まれた時代か〜。
    最後の親分の唐突な物分かりの良さが
    よくわからんが。

    投稿日:2019.04.17

  • 亮



    この装丁で、まさかのSFもの。
    壮大な遥か数千年先の未来や、戦乱の世へのタイムスリップではなく、東京の高校入学を控えた引きこもり系ゲーム男子学生がタイムスリップしたのは...
    70年代の北九州は小倉。
    右も左もビーバップハイスクール宜しく。
    パンチにリーゼント。長ラン、短ラン、ボンタン、ドカン。ヤンキーしか生息していないので、ヤンキーという言葉が存在しない。
    インベーダーゲームにチェリオ片手に。
    パンチパーマ発祥の地で巻き起こる珍事は、牧歌的で温かい。
    著者の作品は『狭飯』しか読んだことなかったが、なかなか面白い一冊でした。
    続きを読む

    投稿日:2018.04.08

  • a0061878

    a0061878

    2016年、高校入学を控えていた悠太は、井戸から落ちてタイムスリップし、父の百鬼剛志郎として1979年を生きることになる。入学した高校は超底辺校でヤンキーばっかり。百鬼はジャイアンだらけの場所に降り立ったのび太のよう。パシリにされ、ヒエラルキーは底辺だったが、好きな人に書いたラブレターをクラス全員プラス担任にも読まれ、もうどうにでもなれと思ったことで、生き生きしてきて面白くなった。終わり方はわりと適当だった。続きを読む

    投稿日:2018.03.03

  • yamanakako1118

    yamanakako1118

    このレビューはネタバレを含みます

    面白かった。
    会社の同僚に借りて読んだ。
    小説であれだけ笑ったのは初めてかも。
    最後はうるって来るしね。
    もう一回墓参りのシーン読んで、コッチの世界の豪士郎と秀丸の関係を想像した。
    結局は親友だったんだろうな。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.01.23

  • hosinotuki

    hosinotuki

    タイムスリップもの.死んだ父親の高校時代に転生?する.大人しいいじられキャラの自分が不良の高校に行って昭和の時代をヤケクソで友情と恋愛に躍動する.ピンポイントでその時代のことを覚えていないと,未来予知のようなことには使えないと思った.で,結局その後のことはどうなったのかなぁ.続きを読む

    投稿日:2018.01.11

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。