甘々と稲妻(8)

雨隠ギド / good!アフタヌーン
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
5
3
2
0
0
  • 成長していくキャラの姿がほっこりします(^^)d(^^)d

    つむぎちゃんがとうとう小学生です。
    徐々に考え方や行動も成長してきているように感じました。ギクシャクしていたクラスメイトとの関係に悩んでみたり、おとうさんに内緒で色々なことを考えたりと、少しずつ個性というか自立心が芽生えてきたみたいです。それでもまだまだ1年生のすることですから微笑ましさが溢れてきます。

    小鳥ちゃんも進路相談が進みます。
    一生懸命考えて出した答えが、両親にどう受け取られるのか不安そうな様子と勇気を出して意見を通す姿もじんわりと心に伝わるものがありますね。

    お父さんも最初の頃と比べて、断然料理の腕前が上達してきました。娘と明るい食卓を囲むために始めた料理が普通にできる姿に、かっこいいおとうさん像を見ました。

    この先展開でも色々と和ませてくれそうで次がでるのが楽しみです。
    続きを読む

    投稿日:2017.01.07

  • 過去を振り返りつつ。。。

    家庭料理を通して親子愛が伝わってくる良いストーリーです。

    私も小学生時代はこうだったなぁとか考えながら読んでしまいます。

    過去を振り返りつつ読んでみるのもいいかもですね。

    投稿日:2017.01.07

  • つむぎちゃんの成長を感じる

    つむぎちゃんが小学生になって色々と悩みながら成長していく姿に感動します。
    特に7巻で猫の事で揉めた子と仲良くなる回がジーンときました。

    投稿日:2017.01.07

ブクログレビュー

"powered by"

  • mgsaeki

    mgsaeki

    つむぎが小学生になったところから。

    新しいお友達が出来たけど、以前猫を保護した時の飼い主と同じクラスに。
    猫を返したくなくて渡さないようなことをしてしまったつむぎを「いじわる」と言ってまだ許せないなぎさちゃんの気持ちも分かるし、悪いことしたと思って謝りたいつむぎの気持ちも分かって、2人ともかわいらしかったです。
    でもちょっとつむぎがいい子過ぎるかな?
    避けられてる子とも仲良くなりたい、どんな子とも仲良くなりたい的な。
    「いーいーよー」となぎさちゃんが言うコマが印象的。
    続きを読む

    投稿日:2020.07.23

  • マンガタリ編集部

    マンガタリ編集部

    小学生になって、どんどん表情が豊かになっていくつむぎちゃん。
    進路決定の時期を迎え、自分の将来に向き合い始めた小鳥ちゃん。
    もうね、ふたりがまぶしいです。
    ほんと「これから何にでもなれる」んだなぁと思います。
    僕らにもあんな時期があった…んだよなぁ(´ω`)。
    さて、おとさんは、周囲はこれからどうなっていくのか。
    まだまだ楽しみが尽きませんw。
    続きを読む

    投稿日:2019.05.31

  • 夢色

    夢色

    このレビューはネタバレを含みます

    【あらすじ】
    妻を亡くした高校教師・犬塚と、彼が男手ひとつで育てる娘・つむぎの物語は、いよいよ新たなステージへ! 楽しさいっぱいの小学校生活で、つむぎがひとつだけ気になっていることはクラスメイト・なぎさのこと。以前衝突してしまったなぎさと仲良くなるために、犬塚親子はランチパーティーを催します! つむぎの世界がぐんぐん広がる第8巻!

    【感想】

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.08.01

  • 『黒犬』の優樹

    『黒犬』の優樹

    小学生編、スタート!!末広がりの8巻から、新章が開幕するってのは、縁起の良さを感じるなァ。ま、偶然だろうけどッ
    今更だけど、この『甘々と稲妻』が面白いのは、キャラが成長するからだろう。精神的な成長だけでなく、年齢を重ねているって意味だ。そう、『クッキングパパ』と同じだ。たまに、コンビニの単行本コーナーに置かれているコミックを読むと、まこと君やみゆきちゃんが就職や進学していて驚かされる
    食べるとは、体と心を健やかにする。なので、つむぎちゃんが小学生になるって点は、ストーリーに漫画的な現実感を生んでおり、読みやすさだけでなく、読み応えも強めている
    個人的に好感度で言えば、『紺田照の合法レシピ』や『頂き!成り上がり飯』、『最後のレストラン』が『甘々と稲妻』を上回っているが、癒し度で言えば、間違いなく、この作品の方が勝っている、断言したいがどうだろ?
    さすがに、可愛い女子小学生と女子高校生がWヒロインを張ってる作品に、漢気溢れるヤクザ、オカン系ヤンキー、前向きなネガティブが主人公の作品は勝てまい
    小学生になれば、環境も変わり、つむぎちゃんは色々と考える事、覚える事、知っていく事が増えるだろう。様々な経験を心の栄養にして、スクスク成長してほしいもんだなァ、お母さんがいない自分は周りに気を遣われるってコトに自分で気付いて、周りの善人に「可哀想」と言われないよう強くなって欲しいなぁ、とファンながらに思う
    小鳥ちゃんも三年生になった事で、将来の事を今まで以上に真摯に悩むように。同じ道を歩んで来た大人のアドバイスを受けて、形にしたい夢のカタチをおぼろげながらも掴んだ彼女は、実現に向けて適した努力を始めていく。キラキラした青春を送る女子高校生、眩しいわぁ。ここも、『甘々と稲妻』の魅力
    また、子供の一挙一動にハラハラしながらも、過度な手出しはせず、見守る態度に徹する大人たちも、これまた、カッコいい
    あくまで、個人的な印象だけど、この(8)に限らず、どの巻でも、何気に八木さんってイイ働きをしてると思う。でしゃばりすぎず、それでいて、的を射る助言をしてくれる。次巻では、八木さんが良い目を見る回があったらいいな、と思う一方で、このポジションだからこその八木さんか、とも
    どの回もほっこりさせて貰えるけど、個人的に推したいのは、「その36 サンドイッチとともだちできるかな?」だ、やっぱ。『神様ごはん』(佐保里)先生の引用でも挙げたけど、大人になると喧嘩の後、素直に仲直りってのは難しくなる。なので、こうやって、真正面から「ごめんなさい」をぶつけあって、許し合い、仲直りが出来る子供って凄ぇな、そう、子供でも大人でもない中途半端な年齢になると感じる
    この台詞を引用に挙げたのは、先生としても大人としても男としても、公平さんのカッコ良さが光っていたので。やりたい、だけじゃ夢は叶えられない。やりたいなら、どうやったら出来るか、を考えなきゃ、実現には近づいていかない。口に出して自分を鼓舞するのも大事だけど、手と足を動かし、頑張らなきゃ意味がない。夢は逃げないけど、自分から追いかけようとしなきゃ、いつまでも夢のまま。叶えられない夢は、いつしか、自分を苦しめる呪いになっちゃう
    続きを読む

    投稿日:2017.04.14

  • ydrt

    ydrt

    小鳥ちゃんとつむぎちゃんは本当に姉妹みたいでかわいい。でもこれが本当の姉妹ならばこうはいくまい(と、三姉妹の長女は言う)。
    『自分のことをちゃんと考える』って、すごく難しいことだよなあ。
    小鳥ちゃんがお店を継いでお話はおしまいなのかな?とすこし終わりについて考えてしまったり……。続きを読む

    投稿日:2017.02.23

  • へきくう

    へきくう

    つむぎちゃん小学生。人の子の成長の速さよ。つむぎちゃんはほとんど好き嫌いなく無く、食に対して貪欲に突き進めるのがすごいわ。見知らぬ物には手が止まってしまう大人の私とは段違い。そしていま、すごくトンカツが食べたいです。トンカツトンカツ!それもロース!続きを読む

    投稿日:2017.02.13

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。