ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム

榎宮祐, 榎宮祐 / MF文庫J
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
0
3
1
0
0
  • 大戦時にいたプレイヤーの話

    メインは表紙のエルフさんのお話。
    大戦時に人間以外のプレイヤーはいたのだろうかと言うことですごいエルフさんがいたよと言うのが見て取れるお話、そのエルフさんの子孫がどうなって今の空白と関係を持つようになったかの話、ステフが実はすごい子なんじゃないかっと言う話とジブリール達フリューゲルスがどういった生き物だったかと言う話のそれぞれ短編が収められています。
    ステフの話以外はシリアスな展開が多いものの、笑いどころもあってそこまで堅くないイメージ。
    ステフの所は笑える展開ありですが、この子不遇な扱いだけど結構すごいなってのがわかるお話ですねw
    箸休め的な短編集だったので次巻がどういう風に進むのか楽しみですねw
    続きを読む

    投稿日:2017.03.25

  • スピンオフの短編集みたいな感じ

    短編集であり、基本的には空達以外の話になっています。具体的な内容は大戦期のエルフのトップの話、ステフが覚醒する話、フィールとクラミーの過去の話、ジブリールの大戦期の話です。
    ステフの話は少し短い話であるもののいつも通りのメンバーのノリやステフの成長などが見れ、凄い良かったです。
    また、ジブリールの話などではこれまで本編でほぼ登場していないドラゴニアなどもけっこう登場し、凄い興味深かったです。ドラゴニア、神よりも神っぽいです・・・。
    これを読まなければ本編が理解不能ということは現在のところ無さそうなので、ノーゲーム・ノーライフが好きな人は読んだらいいかなと思います。
    続きを読む

    投稿日:2017.01.27

ブクログレビュー

"powered by"

  • F.key

    F.key

    エルフ・フリューゲルの過去話がメインの短編集みたいな形式。もちろんエルフの方は当事者ではないけど、天使の方は相当な過去話といっても当事者です。というかジブリールはどの時点でもブレないな。どの種族も大概トんでますが、現在の人類種のトップ級=ステフも結構カッとんでることも分かったのでこの世界はヤバいということですね(小並感)続きを読む

    投稿日:2017.02.05

  • セッシー

    セッシー

    このレビューはネタバレを含みます

    映画化を記念して発売されたスピンオフ作品であり、表題『プラクティカル・ウォー・ゲーム』をはじめ、四編を収録した短編集。


    『プラクティカル・ウォー・ゲーム』
    地精種の天才と相まみえ、引き分けた後に忽然と姿を消した森精種(エルフ)の至高の天才と、それと重なるよう現れた森精種(エルフ)の若き八重術者に焦点を当てた、人類種(イマニティ)の幽霊たちとは別の思考で、ゲームを終わらせようとしていた者たちの物語。
    貪欲に勝利を求め始めから計算しつくされた天才たちの才能同士のぶつかり合いと、その天才の森精種(エルフ)を全力を支えた森精種(エルフ)の秀才との恋愛事情が熱い!

    『スリーフォールド・レピュテーション』
    ステフが壊れ向こう側の世界に行ってしまった結果、謎の才能が開花する話。
    空と白がいじりすぎて反省することになろうとは……
    しかし空と白にかわって毎日政治などの激務を2人にいつも振り回されながらこなしているステフは、人類種の貴族達と半月間一度も負けのなかったのときもそうだったけど、やはり秘めたるものを持っているんだなぁ。
    というか純粋に、賢さだけで言えば空を凌駕するって空自信言ってたし。
    歪まず暴走せずに真理に行き着いたステフはどれほど強いのか…… これからのステフの成長に期待大ですな。

    『ワンペア・オア・ハートストレートフラッシュ』
    フィールとクラミーの過去から現在に至るまでの話。
    クラミーは辛い奴隷生活を送っていたんだなぁ……
    しかし、物事は単純明快。『天下の難事は必ず易きよりなり。千丈の堤も螻蟻の穴を以て潰ゆ』。
    囚人のジレンマじゃないけど、たった四枚の金貨で立場が逆転するとは。
    そしてクラミ―の策略を利用し、さらに邪魔者を追い出すとは流石シンク・ニルヴァレンの子孫、フィールですな。

    『ハイカード・オール・レイズ』
    今までジブリールが一人で龍精種を倒したというの話は上がっていたけれど、その龍精種との闘いに重きを置いた話。
    ジブリール、お調子乗りでいつもケンカ腰だけど、その飽くなき挑戦心と探究心はほんと凄いんだよなぁ。
    何事にも動じず怯えないその姿は感服する。
    単体では勝てないが団体だと勝てる謎、確かにその通りだ。
    ジブリールって、天翼種の中では空白に近いポジションだったのかもしれない。
    ひたむきに知恵を巡らせて努力する姿勢はカッコいい!
    そして『戦神』アルトシュが辿り着けなかった真理にも実はあっさり辿り着いていたし、物凄い。
    ジブ△!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.01.19

  • ちこ(´・ω・)

    ちこ(´・ω・)

    「プラクティカル・ウォー・ゲーム」
    忽然と姿を消した至高の天才と突然現れた若き八重術者。
    幽霊たちとは別の意思でゲームを終わらせようとしていた者の物語。
    もし敗北の後から指示していた事全てが、自らが望む結末に向かう為の布石として全て計算し尽くされていたと思うとゾッとするな…。

    「スリーフォールド・レピュテーション」
    どんな自分も受け入れ開き直るは勝利の為。
    寝不足だと頭が回らないからね、そのせいであんなテンションになったんだよね…。
    それにしても、一度でいいから寝不足じゃなく全てを受け入れた彼女と空白の闘いを見てみたいな。

    「ワンペア・オア・ハートストレートフラッシュ」
    たった四枚のコインで立場が逆転する。
    自分より格下と見ているからこそ、人の奴隷にも簡単に手を出すんだろうな。
    それにしても、誰かになすりつけて自分は逃げようなんて考えだと芋づる式にバレるだけって何で分からないのだろう。

    「ハイカード・オール・レイズ」
    単体では勝てないが団体だと勝てる謎。
    カラクリを明かされたとしても、一対一で闘う相手ではない事は確実だろうな。
    それにしても自らの命をかけ何度も挑み続ける意志の強さというか、探究心の強さには恐れ入るな…。
    続きを読む

    投稿日:2016.12.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。