江戸の色ごと仕置帳

丹野顯 / 集英社新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • reinou

    reinou

    このレビューはネタバレを含みます

    2003年刊行。センセーショナルなタイトルだが、中身も負けず劣らず。江戸時代の訴訟記録としては簡明か。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.01.12

  • pokorit

    pokorit

    世に男と女あらば、そこに色事がらみの問題が起こるのは、今も昔も人の世の常。しかしそれをどう裁くのかには、時代の特徴が反映されて興味深い。江戸時代の色ごと仕置きがどのような考え方でなされていたかを、資料に基づく豊富な実例に沿って考察してゆく。続きを読む

    投稿日:2011.09.28

  • だい

    だい

    仕置帳とは事件簿?裁判記録だろうか?
    まず、男尊女卑という時代背景があるものの、倫理観を現代と違うと感じた。「密通」≒現代では不倫など日常茶飯事、刑事罰となることはない。(春の)売買については、時代が変わっても、大本は変わらず。公認(公娼)は現在はいないということだろう。破壊憎、女犯については、権力あるもの(僧は優位な地位)には大きな罰ありという。これは現代にも当てはめるべきでないか。続きを読む

    投稿日:2011.03.12

  • kodak

    kodak

    厳しい刑罰が待っていた、江戸の色恋沙汰。つい読みふけってしまいました…江戸時代って、ホントに男性社会だったんですねー。法律が男の味方。レイプの刑罰なんて噴飯もの。自由恋愛も不義密通が発覚したら死刑だし。ちょっと何だかなーな気分になりました。それでも面白かったのですが(笑)続きを読む

    投稿日:2006.02.11

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。