神様ごはん-小料理 高天原にようこそ- 1

佐保里 / B's-LOG COMICS
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 『黒犬』の優樹

    『黒犬』の優樹

    佐保里先生の作品は、今んトコ、『宇野家の人々』と『大人子供のカルテ』と押さえて、感想も書かせてもらったが、一ファンとしては、この『神様ごはん ‐小料理 高天原にようこそ‐』が最も好きになれそう
    ちょっとフシギな食ドラマ、ざっくり言うと、そんな感じのすとーりーで、佐保里先生の好さが滲み出ている。イイ意味で変わらない漫画家だと思う
    温かい絵柄と優しいストーリーの相性が実に良く、とても読みやすい
    食べ物には神様が宿る、オカルトめいた説ではあるけど、食べる事で体調が改善され、テンションが上がり、なおかつ、運気が自分にとってイイ方に巡るのであれば、あながちズレてもいないんだろう
    基本的に一話完結で、各々の話に登場する人間の悩みがふわっと解決する
    人生の九割九分九厘は財力、権力、体力、努力など、己が持ちうる力を振り絞れば、多少はどうにかなるものばかり。ただ、残りはにっちもさっちもいかない時はある。そんな時は、神頼みしたって問題ない
    願った人間の気構えが、しっかりしていれば、神様も力を貸してくれる
    なので、普段から、神様を真摯に崇める必要はないにしろ、神様の不興を買わない程度に節度ある生活を送っておけばいい
    情けは人の為ならず、巡りて巡りて己がため。利を求めて優しくしろって意味じゃないけれど、ちゃんとした行動は、しっかりとした形で返ってきてくれるもんだ
    高天原を切り盛りする店長ら、ひかりさん、夜一さん、成海も個性的。店名から鑑みても、やはり、三貴神だろうな。けど、神様っぽさはなく、むしろ、人間臭い言動が目立っている。だからこそ、人の心に寄り添い、悩みを解決する力を与えられるんだろうけど
    登場する料理も、とびっきり美味そうって訳じゃないんだろうけど、元気をくれそうってトコがいい
    どの話も好感が持てるものばかりだが、一推しは第3話。ちょっと悲しい要素が入っているけれど、その分、別れを経たからこその人間的な成長に、心の琴線が鳴る。気の持ちよう、考え方次第、言うのは簡単だ、と苦しんでいる人は言う。けど、何もうまくいかない、と自分で自分の可能性を狭めている内は、進むべき道が見えてこない。回り道をしても、目的地を変えてもいいのだ、自分の人生は。辿り着いた先で、自分の歩いてきた道に残った足跡を見て、「うまくいった」と思えれば、勝ちじゃないか?
    この台詞を引用に選んだのは、今の私には結構、響いたので。そうなんだよなぁ、とシブい表情で同意したい。不思議なもんで、下手に年を喰うと喧嘩の仕方と言うか、仲直りの仕方が下手糞になるらしい、人間。ギスギスしている時、相手がぴりぴりしている時は、下手に距離を縮めようとするよりも、少し間を置く方がいいかもな。けど、このやり方で、逆に相手の神経を逆撫でしちゃうこともあるから、男女の仲は儘ならん。こればっかりは、神様だって、どうにもできん。そもそも、神様だって異性に振り回されてばかりなんだしな
    続きを読む

    投稿日:2017.03.20

  • もゆ

    もゆ

    その店で食事をすると願いが叶うと言われている小料理屋さん「高天原」には不思議がいっぱい。必要な時にだけ現れるとかいいな。それにしても、氷川さんにはどうしてシロの正体がわかってしまうのか。みたらしだんご食べたいなー。続きを読む

    投稿日:2017.01.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。