監獄舎の殺人 ミステリーズ!新人賞受賞作品集

美輪和音, 近田鳶迩, 櫻田智也, 浅ノ宮遼, 伊吹亜門 / 東京創元社
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 相沢泉見

    相沢泉見

    ミステリーズ!新人賞受賞作品集。
    強欲な羊/美輪和音は既読。

    ・かんがえるひとになりかけ/近田鳶迩
    殺された主人公が、犯人と思しき女の胎児として生まれ変わって語り手になっているというものすごい話。
    オチは有名な都市伝説「とりあえずお疲れ」を彷彿とさせる。

    ・消えた脳病変/浅ノ宮遼
    患者が姉と妹で入れ替わってたんだろうな、というのは気付く。入れ替わりに気が付かない理由=相貌失認という好みのネタが使われていたので良かった。

    ・監獄舎の殺人/伊吹亜門
    面白かった。
    御一新後、京都の監獄舎に収監されている豪傑・平針。彼の死刑執行を告げに来たのは司法卿・江藤新平と彼の部下・鹿野。しかし牢屋越しに面会していた最中、平針は謎の死を遂げる。
    明日死刑になる囚人を、わさわざ殺したのは誰か。そして何故か。
    単純に考えれば犯人は一人しかいないが、死刑執行人(斬首する)にも名誉があるという動機が時代ならでは。
    続きを読む

    投稿日:2019.02.07

  • saku

    saku

    既読がいくつか。それぞれよかったけど、時代物に方言がプラスされるとますます苦手で伊吹さんのは飛ばし読み。

    投稿日:2018.02.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。