人魚姫の椅子

森 晶麿 / 早川書房
(24件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
5
4
4
4
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ちこ(´・ω・)

    ちこ(´・ω・)

    「Chapter 1 : For Whom?」
    届かなかった恋文と彼女の行方。
    彼女は最初から相手を勘違いし依頼を受けてしまっていた訳だが、想いを告げる手紙を相手も教えず他人に頼むのもどうかと思うな。
    いつも通りか偶然か彼女は彼に出会えたからこそ、彼女は手紙を読んでもらえたと勘違いし簡単について行ってしまい彼の行動がおかしいと思わなかったのだろうか。

    「Chapter 2 : What Do You Want?」
    貰った椅子により捗る原稿には。
    生存確率が低いと幼いながらに理解し自らの時間が無い事を再確認したからこそ、彼女からではないうえ宛先も違う手紙を読み涙しながら真実を話してくれたのかもな。
    どこまでも大人しく暴れる事無く彼の思い通りに梱包されていった彼女だが、手紙の一件により自らに酔っていたから抵抗しなかったのだろうか。

    「Chapter 3 : History & Future」
    小さな街だからこそ噂は広がり。
    勝手に犯人探しを始めるのは自由だが、それにより傷付く者や疑心暗鬼になり逆に犯罪に手を染める者が出てしまう可能性を考えた事などないのだろうな。
    東京まで運ばれた後も色々な人の手に渡り全く知らぬ土地に来てしまった彼女だが、これは人としての彼女の物語なのか少々疑問に思う部分が出てきたな。

    「Chapter 4 : the Root of Life and…」
    彼女を探す旅に出たきっかけは。
    お金に目が眩み勝手に名乗りを上げて編集者と出会い話をしてきた彼は彼女をゴーストライター扱いしているが、実際に作品を目の前でとなると直ぐにボロが出そうだな。
    途中から彼女が人として扱われている様な印象を受けなかったが、まさか最終的に本当に人から物になってしまったなど予想外だった。
    続きを読む

    投稿日:2020.03.14

  • あんみつ

    あんみつ

    このレビューはネタバレを含みます

    海辺のまちの朝の空気感。
    住んだこともないのに懐かしく感じるその雰囲気が切なくて、まだ何も起きていないうちから苦しくなる。
    文章が綺麗で騙されるけれど、内容は色々と重い。真相だけでなく、病気の少年のはなしとか、小さなまちの事情とか。
    そんな中で、杏が、翠を想いながら変わっていく過程が丁寧に描かれていてとても好き。

    椅子マニアの情熱がすごい。
    完ぺきな椅子に座って物語が生まれる、というのもいい。
    読み終わったあと、とことんこだわって何かを創ってみたくなった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.28

  • dora

    dora

    2019.3.20 読了


    この作者さんの割には、
    めちゃめちゃ わかりやすかった!
    言ってる意味わかるやーん!(ふつう?)

    やっぱ この作者さんは、
    片思いのもどかしい想いとか
    うーん、どうなるの?みたいな描写が
    めっちゃうまい!
    キュンキュンするやん〜

    最後はハッピーエンドとは言えないのが
    ちょっと寂しいけど、
    その後の話とか 読みたいかも!

    犯人の読みは 当たってた!
    続きを読む

    投稿日:2019.03.20

  • 大槻 嘉紀

    大槻 嘉紀

    あー、しんどかった!
    これがはじめに思った感想。

    失踪事件が起きた後の街や学校の様子に嫌な胸騒ぎを感じた。自分には苦手な雰囲気を家にいながら感じた。この辺りの描写や表現は凄い。

    主人公の恋心と失踪事件の解明という2つを一緒にしている不思議な小説です。続きを読む

    投稿日:2019.02.17

  • けわた くーすけ

    けわた くーすけ

    I don't know what that say, not much love and murder. sea cucumber means NAMAKO(海鼠,海参)

    投稿日:2018.10.28

  • ぴょん

    ぴょん

    主人公が書く小説も意味があるのだろうけど、それが読みにくい、分断されたような気分になって飛ばし読み状態だった。
    言葉にしないで雰囲気でわかるというのはありえないと思うけど、言葉にしづらい年代とか性格とかあるのだろうし、そのすれ違いによっていろいろなことが起こると思うと、それもまた味のある人生なんだろうしなぁ。
    何もかもハッキリさせてしまうばかりがいいってわけでもないか。
    続きを読む

    投稿日:2018.09.25

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。