イヤミス短篇集

真梨幸子 / 講談社文庫
(26件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
0
10
12
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • cano

    cano

    真里幸子さんのイヤミスエッセンスを感じることができる軽い読後感
    隙間時間に読むのにちょうど良い
    「初恋」この手の話は食傷気味な筈なのに気持ち良いくらい書き手の思うとおりヤラれてすっきり

    投稿日:2021.02.22

  • にゃん

    にゃん

    このレビューはネタバレを含みます

    短編でスラスラ読めました。

    いつまでも、仲良く。
    が好みでした。女性特有のドロドロの関係や、ダイエット部分など分かる部分がありました。

    後半二つはグロい描写があり、少し飛ばしながらよんでしまいました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.02.20

  • mirumo0416

    mirumo0416

    真梨幸子にしては、ほどほどのイヤミス。
    短編で読みやすい。
    最初のノストラダムスの話が1番おもしろかった。

    投稿日:2020.11.24

  • nami

    nami

    読みやすかった。ハッピーな感じで終わらんの割と好き。終わり方をもやもやさせることで想像が広がってまたぞわぞわする感じ。

    投稿日:2020.06.06

  • ゆりな

    ゆりな

    短編なのにしっかりイヤミス。
    たまに真梨さん独特のグロい感じが私は苦手ですが、短編で読めるのも主婦にはありがたい。疲れている時は難しくて深い話よりイヤミスでスカッと!するのが一番

    投稿日:2020.02.24

  • シスター

    シスター

    このレビューはネタバレを含みます

    イヤミスばかりを集めた全6編の短篇集。

    思ったよりも後味の悪いエグさは控えめでしたが、血なまぐさいグロい話も入っていたので苦手は方は注意。

    印象に残った短編の感想をいくつか。

    「小田原市ランタン町の惨劇」
    ユタカの元を、別れた彼女の弁護士が訪ねて来る。
    彼女は自宅でユタカとの子どもを産み、殺してしまった罪に問われているらしい。
    ユタカは付き合った時期と妊娠の時期の計算が合わないことに気付き、惨劇が起こる…。

    最初はブラックユーモアがきっついなーという印象でしたが、読み進めていくうちにボタンの掛け違いから起こる諍いにゾッとしました。
    こういう事件は本当にありそうで怖い。


    「ネイルアート」
    常に炎上状態の育児サイトの管理人の依頼を受けたフリーライターの主人公。
    多額の報酬に目がくらみ仕事を受けるが、彼女が遭遇した真実とは…。

    ラストのオチよりも、ネットの匿名掲示板の本音バトルの闇の描写が面白かったです。
    匿名なことを良いことに一人何役も演じて議論を煽ったり、過激なことを投稿して火種を次々と投げ込んだり。
    容赦のないナマの人間の負のエネルギーを全身に浴びて、ほんとイヤな気分。(褒めてますよ!)

    人間のむき出しの感情を虫眼鏡で拡大して見るようで、やたらと楽しい…。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.02

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。