マリー・アントワネット物語(上) -夢みる姫君- 歴史発見! ドラマシリーズ

藤本ひとみ, K2商会 / 講談社青い鳥文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 2.0
0
0
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • shonpy*

    shonpy*

    このレビューはネタバレを含みます

    ◆読みやすい! おもしろい! 歴史発見! ドラマシリーズ
    超・有名なお姫さまの本当の姿!
    マリー・アントワネットって ぜいたくで わがままだったんでしょ?
    そんなあなたもコレを読んだら、応援したくなっちゃうかも!?

    「わたし、花のフランスに行って、だれよりも幸せになるのよ!」フランス革命のきっかけとなったことで有名なお姫さまの真実の姿は、よくいる普通の女の子だったのです! おちゃめで明るく元気な少女が、お嫁に来てから仲間はずれにならないためにどれほどがんばったのか――。その奮闘がわかる、楽しい歴史ドラマにワクワク!


    (^^)<Comment
    私、小さいころって、無条件に伝記がだいっきらいだったんだよね~。
    小学生のころ、宿題で「伝記」の感想文を書きましょうって課題がよくあったんだけど、本を読むのも文章を書くのも好きなのに、「伝記」の感想文となると、うげーって思ってた(笑)

    それは多分、現実を見せられるっていうか、話が重いから嫌いだったんだと思うんだ。
    わたしは本にはファンタジー要素っていうか、別の世界に飛び込める感覚が好きで、物語のクライマックスを読むのが楽しみで、読み進めていたから。

    でも、伝記って、悲劇や苦労が多いし、最後は死ぬじゃない?人間だから。
    それが嫌だったのかなって。


    で、本題に戻ると、小さいときにこの本に出会ってたら、楽しく読めたんだろうなって思う。
    こんな伝記なら読みたかった!
    まず、テーマがお姫さまだし、絵もかわいいし、単純に、史実としてでなく物語として楽しめると思うから。

    マリー・アントワネットの心情が描かれていたりして、すごく物語っぽかった♪
    著者の藤本ひとみさんは、この分野において権威ある方(?)らしいのですが、すごく小説もお上手だなと思いました。

    1つ残念なのは、先の展開がよめるような1文をそこここに散りばめてしまうとこ。
    今の私は、社会・歴史を習ったので、マリー・アントワネットがどんな宿命をたどるのか知っているから、まあ許せたけど。
    小さいころの私だったら、先の展開が楽しみで読んでるのに、章の区切りごとに「この人に痛めつけられるとは…」とか「ギロチンの前で知るのです…」とか、書くなよ!って思ったと思う。

    せっかく数奇な運命をたどった姫君の話なんだから、そういうのに一切触れず、最後の最後で「え~!死んじゃうの!?かわいそう!」のほうが、物語をまったく知らない子どもたちは楽しいと思いますけどね。

    ということで、よく書けているけど、★2つ評価です。
    すみません。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.08.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。