壊れた心をどう治すか

和田秀樹 / PHP新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
0
3
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • もおりい

    もおりい

    前作の『「自己愛」と「依存」の精神分析』の実質下巻にあたる。一般的に有名なフロイト、ユングではなく本書ではコフートを中心とした精神分析について。
    ちょっと流行るとすぐにあやかろうとする安易なアドラー概要本とは違い、前作からコフートに絞っているのが印象が良い。
    専門書を除き、一般の新書版等でコフートを扱っているのは和田秀樹さんだけだろうと思う。
    『まったくまともな子育てを受けていないと、中核自己ができず、われわれが相手の立場に身を置いてみても全然想像外のかたちの体験世界を持ってしまい、われわれから見て共感のしようが状態になってしまう』≪第4章 自己の病理とはなにか≫p162
    続きを読む

    投稿日:2019.01.02

  • りんご

    りんご

    このレビューはネタバレを含みます

    コフートの精神分析について書かれた『「自己愛」と「依存」の精神分析』の下巻に当たるもの。コフートが実際にどのように患者を治療していたかについて書かれている。コフートは“心を健康にすること=じょうずに人に依存できるようにすること”を治療の目標にしていて、患者に共感しながら、普通の人間関係に近い関係の中で治療をしていったらしい。それが、現代という時代にも、日本の風土にも合っている、というのが著者の主張。話が行ったり来たりして、分かりにくいところもあったけど、だいたい面白かったし、役に立った。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.09.27

  • toyoben

    toyoben

    本の内容が難しいのか、著者の文章が自分と相性が悪いのか、なんか書かれた内容がうまく頭に入ってくれなくて、よく理解できなかった。

    投稿日:2011.07.24

  • bax

    bax

    このレビューはネタバレを含みます

    [ 内容 ]
    心の病とは「自己がバラバラになった状態」だとコフートは言う。
    過去とのつながり感覚や他者との関係を喪失することで、激しい不安、怒り、妄想に悩む人間の姿がある。
    それらは、精神病、神経症、ボーダーライン、自己愛パーソナリティ障害などと診断されてきた。
    本書では、フロイト以降、アメリカの精神分析の変遷をたどり、心の治療がいかになされてきたかを解説。
    そして今日、なぜコフートの精神分析が有効なのか。
    対人関係における共感と依存の重要性を唱える。
    自己修復のための心理学教室。

    [ 目次 ]
    第1章 フロイト精神分析の変容
    第2章 ボーダーラインと自己愛パーソナリティ障害
    第3章 コフートとカーンバーグの治療理論
    第4章 自己の病理とはなにか
    第5章 壊れた自己をどう治すか
    第6章 コフート心理学の現代性

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.04.22

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。