骸骨騎士団の、王女に捧げる過剰な忠愛

藍川竜樹, 三浦ひらく / 集英社コバルト文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0
  • 予想以上にお笑いだった

    タイトルはこんなだが、決してアブノーマル系ではない。
    「調教してやる」とか「殴ってくれ」とかあぶないセリフを吐いていても(^_^;
    ちょっと人付き合いに慣れていなくて感情表現が妙なだけ(たぶん)。
    ロインのほうも、たまに妙な言動をかますが、よくある振り切れた変人タイプではなく、基本的にはまともな王女様である。

    あらすじ的にはよくある話。
    日陰者の王女が、思いがけず強力な味方を得て、継母の陰謀に立ち向かう。

    設定や展開はかなり大雑把で、その面では読みごたえがあるとは言えない。
    だが、とにかくキャラクターが面白く、何度も噴き出してしまった。
    特に、ユナリアの世話役の爺婆が秀逸。

    いちおう一冊完結だが、シスコン兄王子、隣国のイケメン王子、骸骨騎士さんたち、ダメダメ国王陛下など、今回は出番が少なかったが面白い話になりそうな脇役がいろいろいるので、もう少し読んでみたい気もする。
    続きを読む

    投稿日:2016.11.04

ブクログレビュー

"powered by"

  • うらこ

    うらこ

    このレビューはネタバレを含みます

    最近、藍川さんの作品は面白いのが多かったので、買ってみましたけど、ちょっと期待外れだったかな。

    ユナリアは事情も事情で日陰な王女様ですが、突如現れた黒騎士によって表舞台に立たされます。
    へっぴり腰の王女様がだんだん成長していくのはいいんですけど、ルシアンが私的にはいまひとつ。
    イラストも三浦ひらくさんでいいのですが、ちょっとルシアンが幼い感じがしました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.08.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。