もしも俺たちが天使なら

伊岡瞬 / 幻冬舎文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
3
0
2
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • ことぶきジロー

    ことぶきジロー

    伊岡瞬『もしも俺たちが天使なら』幻冬舎文庫。

    詐欺師の谷川涼一と喧嘩自慢のヒモ男・松岡捷、元刑事の染井義信の三人の男たちが暗躍するクライムノベル。

    伊岡瞬の作品としては、まあまあの出来だろうか。やはり『代償』や『痣』などの傑作には及ばない。

    三人の主人公以外にやたらと登場人物が多く、その人間関係が複雑に絡み合う。そこがこの作品のポイントでもあるのだが……
    続きを読む

    投稿日:2019.02.06

  • 風子

    風子

    さわやか系の詐欺師、渋系の元刑事、喧嘩上等・おバカ系イケメンのヒモ。
    3人が一つの場所で出会い、そこから、おバカ系イケメンの家族を救うために奔走する。

    とても面白かった。
    特に詐欺師の谷川がいい!詐欺師としての冷静さと、相反する義理堅さが、いい味出してる。
    できればシリーズ化してほしい作品です。
    読後はスッキリ☆
    解説によるとハンフリー・ボガート主演の映画「俺たちは天使じゃない」のオマージュ作らしい。
    映画も見てみたいです♪
    続きを読む

    投稿日:2018.07.17

  • ichigosamba

    ichigosamba

    このレビューはネタバレを含みます

    *セレブからしか金を獲らない詐欺師・谷川涼一。〝ヒモ歴〟更新中だが喧嘩は負け知らずの松岡捷。不始末で警察を追われた元刑事・染井義信。はみだし者三人の前に美しい娘が現れ、「変な男に実家が乗っ取られそう」と助けを求めてきた。彼女は何者? 怪しい男の背後で動く組織とは? 最高にクールでタフな男たちの、友情と闘いのクライムノベル*

    テンポ良いストーリーでさらっと読めました。ただ、脇役がページ割いてるわりには魅力がなくて残念。ご都合主義的なところもややあるものの、2時間ドラマを見るような座りの良い作品。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.07.05

  • pippin55joy

    pippin55joy

    登場人物ごとに語られているので、それぞれのキャラクターを覚えるまで少々混乱していました(笑)名字だったり名前だったりと呼び方が違ったりするのでフルネームをインプットするまではちょっと途中で「あれっ、えーと・・」となってしまいました!
    最終的に、この語り方(手法)でうまくオチにつながったなー!という感動がありました!
    すごい斬新な技術です、さすがイオカ!イェー(ひとりでイオカフィーバーしてます(笑))
    続きを読む

    投稿日:2017.03.23

  • 空きみ

    空きみ

    久々の伊岡作品。読み応えのある一冊。最後は伊岡さんらしく優しさの余韻に浸ることができました。
    あらすじ(背表紙より)
    セレブからしか金を獲らない詐欺師・谷川涼一。〝ヒモ歴〟更新中だが喧嘩は負け知らずの松岡捷。不始末で警察を追われた元刑事・染井義信。はみだし者三人の前に美しい娘が現れ、「変な男に実家が乗っ取られそう」と助けを求めてきた。彼女は何者? 怪しい男の背後で動く組織とは? 最高にクールでタフな男たちの、友情と闘いのクライムノベル。続きを読む

    投稿日:2016.11.20

  • リトル

    リトル

    谷川は好感もてるけど、松岡はあまり好きにはなれなかった。
    内容も2人で細かい詐欺をしていく話のほうが良かったかも。

    投稿日:2016.11.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。