サ道 心と体が「ととのう」サウナの心得

タナカカツキ / 講談社+α文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
1
5
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • とむ

    とむ

    水風呂の代わりに風でも気持ち良くなれるか。いつか、サウナに行かなくても、風に吹かれるだけで幸せになれるような穏やかな精神状態で生活ができたらいいな。まだまだだけど。

    投稿日:2020.08.16

  • ありえへん

    ありえへん

    「心得」というからには、具体的なノウハウを教えて欲しかった。しかしまあ、サウナとの心地よい付き合い方をおのおの試行錯誤するのが、サウナを楽しむ心得なのかもしれない。

    投稿日:2020.01.27

  • saaa14010

    saaa14010

    サウナにハマって2年弱、書籍も手を出してみようと友人に借りました。ドラマもマンガも知ってましたが、タナカカツキ先生が出した書籍はこれが初だったんですね!
    本の中にはそれはもう、サウナあるあるがたくさん散りばめられていて、バッドトリップや蒸し友の会話など分かる分かると思って読んでました。
    そして最後の、「たどりつく究極は、サウナに行かなくても良い、というところかもしれない」という言葉は、はっとさせられたというか、大事なことに気付かされたというか…
    サウナに助けてもらったけど、大好きだけど、依存するのは違うよな。きっとなんでもそうですよね。
    続きを読む

    投稿日:2020.01.13

  • 19880327

    19880327

    昨年夏、同漫画を読んでサウナトランスデビュー、目下プロサウナーになれるようジムのサウナやスパに通ったりしています。漫画の方が魅力が伝わりますが、補完的にサウナの魅力が増幅されます。おすすめです。

    投稿日:2017.02.24

  • あるふれっと

    あるふれっと

    水風呂がメイン。トランス体験を実感せよ。ややサイケデリック。どのようにして整うのか、全然説明されない。が、体験記として面白い。ちょっとホモっぽいが、サウナ先輩を慕う気持ちが表れていて、なんのこっちゃ、と思いながらも読んでしまう。求道心を期待していたが、そういう真面目な感じではない。続きを読む

    投稿日:2016.12.12

  • era

    era

    温度の羽衣。蒸しZ、毛蒸氏、猛者たちは水風呂でシメている。サウナと水風呂のセッション。それは気分が良くなるからです。

    投稿日:2016.11.20

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。