蒼ざめた馬を見よ

五木寛之 / 文春文庫
(12件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
1
5
2
0
0
  • ソビエト…スパイ…意外な結末

    短編5篇。直木賞受賞の表題作「蒼ざめた馬を見よ」は群を抜いている。新聞記者の鷹野は上司に呼び出されて突然「この社を辞めてもらえまいか」と言われる。終戦から20年、ユダヤ人の暗い真実を描いた小説を出版したい。だがソビエトの体制下では出版できない。原稿をソビエトから持ち出してほしい。そのために新聞社と無関係な人間になれというのだった。言論の自由をポリシーとする鷹野はのめりこんでいくが意外な結末に。スパイ小説は現実離れしていて面白いと思っていたが「サイバー攻撃が珍しくない時代になったな」などと考えながら読了。続きを読む

    投稿日:2017.01.26

ブクログレビュー

"powered by"

  • 木の葉

    木の葉

    表題作は未発表の書物を巡って壮大なスケールの話。この一切の無駄がない文章には最初からぐいぐい惹き込まれた。ミステリー要素もある作風だが、5つの短編にはそれぞれ複線に戦争の悲劇が描かれている。悲惨な話だが耳を塞がずしっかり読みたいところ。それが現実だった時代がある。この本を読むと語り継ぐはずだったものがずいぶん薄れてきたのだなと私は感じた。続きを読む

    投稿日:2021.09.08

  • zippin

    zippin

    第56回(1967年)直木賞受賞作。戦後20年ほどの日本と東欧を舞台とした5編の短編集。
    50年近く前の作品だが、先日読んだ『一度は読んでおきたい現代の名短篇』にて表題作が紹介されていたのをキッカケに手にした。
    主人公の行動がとにかく熱い。時代背景もあるが、今読んでも濃い。
    五木寛之の作品というと、『大河の一滴』の大河物語はまだしも『百寺巡礼』のように静かで心落ち着くイメージが強くいのだが情熱溢れる作品。そしてどれも短篇で終わらせたくないようなプロット。初期はこのような作品を書いていたとは思いもよらなかった。
    ハードボイルド小説、ミステリ小説、青春小説、色んな要素をもった作品群だ。
    新装版では、解説もまた熱い。まさに、噛まれた!
    続きを読む

    投稿日:2020.08.22

  • higetan

    higetan

    直木賞受賞作の表題作を含む初期の代表傑作選。表題作,日本の新聞記者が,ソ連の老作家が書いたまま封印したとされる体制批判の小説を入手せよとの厳命を受けて現地に向かうが,果たして首尾良く行くのか。他にも,終戦後のソ連抑留から帰国後20数年,安定した生活を確保した大学教員を襲う重い過去(「夜の斧」)など。サスペンス,イデオロギー,個人的な過去との対峙など,様々な面を見せてくれる。ストーリーテリングが上手い(ぐいぐい引き寄せられ,読みやすい)。続きを読む

    投稿日:2019.02.23

  • m_chigu

    m_chigu

    戦後のソ連と日本を舞台に5つのストーリー。一つ一つを中編小説で読んでみたくなる設定。結末がどうなったかを読者の想像に委ねる仕上がりに。

    投稿日:2017.03.05

  • kotaroyokoyama

    kotaroyokoyama

    戦後20年ばかりに書かれたものであり、戦争の名残が全体的に残っている。残っているというかそれに常に囚われているという方が近いかもしれない。つまり全体に暗く重い印象が付きまとっている。

    短編集はあまり好きではなかったが、本短編集はそれぞれの作品に何か共通するようなものを感じたし、多くを語らないことの効果も感じた。
    多くを語らない良さを感じたのは、作家の芸によるものか読み手の心情変化によるものかは分からないが新しい感覚だった。
    続きを読む

    投稿日:2016.04.09

  • しゃん

    しゃん

    《頂き物》

    世界観にするする引き込まれたけど、重いな〜

    時代背景が古くて、ちょっと伝わりにくい。

    でも最後までちゃんと読みたくなる。

    投稿日:2014.12.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。