新本格魔法少女りすか(3)

西尾維新 / 講談社ノベルス
(57件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
13
22
16
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • マタン

    マタン

    このレビューはネタバレを含みます

    この巻で今出ているやつは終わり。
    残念なことにこれ以上は出ていないのよね。
    どうやって計画をつぶしていくのか
    楽しみなのに。

    りすかの成長と、
    創貴がたった一人だけ認めていた
    母親の存在が出てきます。
    どうやら彼女は本物の能力もちのようですよ。

    そして、どうも創貴の継母と神檎の養子の水倉鍵には
    つながりがありそうなんだよな…
    彼らの能力を実質無効化できるの
    すごいことなんだよねぇ。

    先が読めないのが残念過ぎる!!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.12.22

  • scaramouche

    scaramouche

    このレビューはネタバレを含みます

    軍師対決、密室、パラレルワールドと、道具立てがいちいち面白い第3巻。箱舟計画の壮大に過ぎるあらましは、同作者が進行中の「伝説」シリーズを思い出させる。
    続きが気になって仕方がないけれど、完結巻である第4巻が出るのはいつになることか。17年後だというならば、それまでだって待つけれども、なるだけ早く読みたいところ。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.11.14

  • kaneaki1104

    kaneaki1104

    えっ!こんなに良いところで終わってたんだ!
    ってびっくりする自分にびっくりした
    何度も読んだはずなのに忘れてるものだね
    4年くらい読んでなかったのかな?

    あとがきに最終巻でお会いしましょう!ってあるけど他のところで会ってるよ!再会しまくってるけど最終巻じゃないよ!

    って激しく突っ込みを入れたくなった…
    続きを読む

    投稿日:2016.02.11

  • 【講談社公式】西尾維新作品

    【講談社公式】西尾維新作品

    心に茨を持った小学五年生・供犠創貴と、“魔法の国”長崎県からやってきた転入生・水倉りすかが繰り広げる危機また危機の魔法大冒険!“最後の一人”から驚愕の誘いを受けた創貴は―!?これぞ「いま、そしてかつて少年と少女だった」きみにむけて放つ、“魔法少女”ものの超最前線、「りすかシリーズ」第三弾。続きを読む

    投稿日:2014.09.16

  • haruco

    haruco

    次でラスト!らしいです。
    敵役のやりたいことと、それに必要な要素がはっきりしてきた。
    いろいろと読んでて言いたいことはあるのだけど、
    愛読者も多い作家さんやし、自重します。
    ライトノベルは気楽に手を出すもんじゃないなー。続きを読む

    投稿日:2014.04.08

  • 赤黒い人

    赤黒い人

    再読。
    創貴がどんどん格好良くなっていく。
    しかし、登場人物が揃いも揃って良い感じに狂ってるなあ。

    結構前に最終巻である「0巻」の発売が告知されて、更にその巻に収録予定の第10話はファウストに掲載されたりしたものの、その後音沙汰なし。
    ファウスト休刊が停止している原因だろうか。でも、メフィストで連載されていた世界シリーズも哀川潤の失敗シリーズも止まってるんだよな。
    物語シリーズや伝説シリーズも終わりが近いようだし、それが終わったら、せめて世界シリーズかりすかシリーズのどちらかは終わらせて欲しいものだけれど。
    続きを読む

    投稿日:2014.03.18

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。