ワールドトリガー 16

葦原大介 / 週刊少年ジャンプ
(16件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
7
6
2
0
0
  • ストーリーの本筋が少し見えてきた?

    このマンガのストーリーの核はネイバーという異世界に侵攻され、拐われた人が大量にいることにある。

    そして、それがどのネイバーの国がしたのかわからないことにあって、その可能性のある国のひとつアフトクラトルのお国事情が本筋のストーリーに重なりつつあって、今後どうなるやらわからなくなってきた。

    アフトクラトルのヒュースを捕虜にしていることが思った以上に本筋に絡んできてるな、という印象。これだけ絡んで、全然さらったり侵攻した国と関係ないとかだったらどうしよう。どうもしないか。

    もうひとつの軸としては、そもそもトリガーというテクノロジーの発見と、ボーダーという組織の成り立ちが謎なので、そこがどう絡むやら。

    一方で、三雲くんの成長も見れて、模擬戦が相変わらず緻密で面白い。色んな要素をしっかり積み重ねながらのストーリー展開は見事。はよ続きよみたいです。
    続きを読む

    投稿日:2016.09.06

  • ワールドトリガーらしさは健在!

    前半はガロプラ侵攻編完、後半はランク戦に移ります。

    前半は、やっぱり陽太郎とヒュースのシーンが良かったです!二人のつながりがやり取りの中に詰まっていて、何度読んでも良いシーン。

    後半は、主人公たち玉狛の新戦術がどう機能するか?が最大の見どころだと思いますが、僕は柿崎の回想シーンが好きです。才能にあふれていないかもしれませんが、隊員への想い、自分のスタンスへの迷い、そういったものをうまく読ませるのもワールドトリガーの魅力の一つだと思います!

    香取さんについては、次の巻ですかね(笑)。
    続きを読む

    投稿日:2016.09.03

  • 陽太郎とヒュースの関係がいい感じ

    全体的に楽しめる一冊でした。
    まずヒュースがガロプラと接触するところの続きですが、ここでのヒュースと陽太郎の会話が本当にいい!
    陽太郎とヒュースのいつのまにか兄弟のようになっていた関係が本当にほほえましく楽しめました。個人的にはワールドトリガーの中でも好きなシーンとしてかなり上にくる良い話だったと思います。
    そして、ガロプラ戦の次は待ちに待ったランク戦。玉狛の新戦術が炸裂しまくっているところが爽快感もあり、すごい楽しめました。チカの大砲が久しぶりにすごい活躍していて、久々に大砲に驚かされているシーンなどがあるところもすごいよかったです。最後の方は少し玉狛が追い詰められてきているようにも感じたので、この局面をどうやって突破していくのか、次巻も楽しみになる一冊でした。
    続きを読む

    投稿日:2016.09.04

  • B級ランク戦

    新たな戦法で挑む初のランク戦です。
    その裏では先輩たちがネイバーと戦っています。
    相変わらずさくっと読んでしまう作品で、
    早く次が読みたくてしかたない!

    投稿日:2016.09.02

  • また面白くなってきた

    7巻あたりの大規模進攻で本作のファンになった者です

    ガロプラ進攻・ランク戦はつまんないなーと前巻あたりで思ってましたが敗戦を機に新ワザ 戦術が
    上手く機能し なるほどなーと

    巻末のサービスもクスリときて オススメ
    続きを読む

    投稿日:2016.09.04

  • ヒュースがどう動くのか見物

    何とか退ける事に成功したが、ネイバーがあと一週間大人しくしている訳がない。あと一週間守りきれるのか・・・な前半と、そんな事態が起こっている事を知らない三雲達の模擬戦参加連中。チカの大砲が火を噴く・・・。模擬戦に更に新顔が・・・キャラ多過ぎて私にはもう覚えられません。模擬戦よりネイバー戦の方が面白いので、速く終わんないかなと少々思い始める。 今後もヒュース、迅の動きが気になる。続きを読む

    投稿日:2016.09.02

Loading...

ブクログレビュー

"powered by"

  • k

    k

    ヒュースと陽太郎の連携!!やるなあ。
    続いてはB級ランク戦。なかなか面白い。本当に皆それぞれ背負うものとか目指すところとか追うものがあるんだな。
    遊真ー!!

    投稿日:2018.05.10

  • gyotaro

    gyotaro

    敵の襲撃が小出しで起こるものの、基本的に話の筋はボーダー戦中心
    遠征編に突入すれば話の方向もそちらにシフトしていくだろうが、集団戦の要素が強い分、どれだけ分量が長くなるかが心配

    投稿日:2016.11.24

  • R

    R

    ヒュースは最初特に興味を持っていなかったんだけど、母国に見捨てられても忠実に主の元に戻ろうとする健気な姿にあれれれれって感じで惹かれて来た。表紙にもなってる凸凹コンビも可愛いし。ちゃんと敬意を払ってるところがサイコウ。そしてヒュースの悩み葛藤も見越してる迅悠一さんの包容力!ああ、格好いい。続きを読む

    投稿日:2016.10.10

  • みゆき2525

    みゆき2525

    ほんとに好きです、この漫画。面白い!そして、主人公弱すぎ。古いけど、弱い登場人物で、味わい深いキャラクターに、私の中だと、ダイの大冒険のポップが居るんだけど、彼だって、最後は大魔法使いになってるし!でも、修くんは絶対無理そう。いつも酷い負け方してて、つーか斬られ方してて、作者、修くん嫌い疑惑あるくらいだし笑。
    ヒュースと陽太郎の組み合わせが好きすぎて、次巻もほんと楽しみだ。早く読みたいなぁ、次巻。
    続きを読む

    投稿日:2016.10.06

  • tsukimi53

    tsukimi53

    このレビューはネタバレを含みます

    ヒュースが陽太郎にありがとうって言ってるの聞いただけで感動。この二人ホント好きだ。
    ランク戦は三雲隊応援しながら見てても他の隊にも色々ヒストリーがあって、毎回どこも勝って欲しいと思わせる葦原先生がやはりすごい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.10.03

  • ちゅーたく

    ちゅーたく

    このレビューはネタバレを含みます

    表紙にもなってるけど
    この16巻はヒュースと陽太郎の巻だと思った。
    陽太郎がヒュースにランビリスを渡すシーンと
    ヒュースがそっと返すシーン、
    息の合った芝居をするシーンが印象的。
    玉狛の新戦術が決まるところも
    爽快感合っていい。
    あと照屋ちゃんかわいい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.09.04

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。