正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い!

阿川佐和子 / 角川文庫
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
1
1
4
0
0
  • ドラマとはひと味違う凛々子が楽しめます

    コメディタッチの女性検事の物語。ドラマとは若干人物設定やストーリーが異なるため、ドラマを観ていても、あまり重複せずに小説は小説として楽しめる。ドラマでは事件解決に重きが置かれているが、原作は主人公の家族や恋人、友人など、プライベートな話をメインに据えている。そのため事件の方は意外にあっさり片がつく。でも、それはそれで面白い。ドラマほど猪突猛進タイプの主人公じゃないから、そつなく仕事をこなしていくのかなと思いきや、スイッチが入った時の豹変ぶりが面白すぎ。検事だって普通の人間だってことだね。続きを読む

    投稿日:2018.05.13

ブクログレビュー

"powered by"

  • machinobu

    machinobu

    下町の、豆腐屋育ちの竹内 凛々子。
    昔から曲がった事が大嫌いな彼女は、小学校時代のある事件をきっかけに、検事の道を進むことに。

    被疑者の生い立ちに親身になったり、チンピラの挑発にキレて暴れたり、日々、大変な毎日を...

    プライベートでも、波乱万丈な彼女は、果たして、一人前の検事になれるのか?

    シリーズ第一弾。
    第2巻以降も楽しみです。(^o^)
    続きを読む

    投稿日:2019.08.03

  • rocco

    rocco

    ドラマを観てきになったので。
    面白い。
    ドラマはちょっと設定が異なり、ドラマから入ったので戸惑ったが、本の方がやはりいい。

    投稿日:2018.06.10

  • Lucy

    Lucy

    このレビューはネタバレを含みます

    ☆3.5くらいかな。
    女性検事のおはなし。こちらも成長物語&お仕事もので面白いが、お豆腐屋さんの話も興味あり。てか、検事とか弁護士とかって融通効かないくらいじゃないとダメなのでは笑。

    続編も読みたい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.05.22

  • 耳烏賊

    耳烏賊

    読みやすかった。小学校時代の話が、検事という職業を知ったきっかけとなった事は分かったが、その後の様子が今一つはっきりしないまま、大人になっていたので、そこがスッキリしなかった。もう一つぐらいその後のエピソードがほしかったな。続きを読む

    投稿日:2018.05.10

  • ドラマ本棚

    ドラマ本棚

    「正義のセ」
    日本テレビ系 水曜22:00
    放送開始日:2018年4月11日
    キャスト:吉高由里子、安田顕、三浦翔平、広瀬アリス、塚地武雅、平埜生成、宮崎美子、寺脇康文、生瀬勝久
    https://www.ntv.co.jp/seigi-no-se/
    Twitter https://twitter.com/seigi_no_se_ntv/
    Instagram https://www.instagram.com/seigi_no_se_ntv/
    Line https://line.me/R/ti/p/%40seiginose
    続きを読む

    投稿日:2018.03.16

  • パセリ

    パセリ

    このレビューはネタバレを含みます

    読んでいて気分が晴れる内容だった。検事になったいきさつや、家族の事など、稟々子を知るにつけ応援したくなった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.11.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。