メロディ・リリック・アイドル・マジック

石川博品, POO / ダッシュエックス文庫DIGITAL
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
2
3
0
0
  • 熱血青春パンク

    アイドルを題材とした作品ですが、どちらかというとロックやパンクといった方がしっくりくると思います。
    本作ではAKBなどの商業アイドルが否定的に描かれていて、インディーズのアイドルの話しになっています
    アイドルものとして読むと少々面食らうと思いますが、登場人物は皆魅力的でストーリーも個性が光っていました。
    爽やかな読後感があり、人におすすめしたい作品。
    続きを読む

    投稿日:2018.02.26

ブクログレビュー

"powered by"

  • bukuroguidkodama

    bukuroguidkodama

    アイドルという稼業でない青春な憧憬を説得力もって読ませてくれる一作
    よういにたにかえられぬ価値ある一品
    最近読んだ作品だと『ストライクフォール』と同じく
    全体を眺めて登場人物たちそれぞれにに役割振られているきちんと感が堅苦しいが
    ちゃんと自覚的に心象を適度に開陳させているところはより上手い
    続きを読む

    投稿日:2018.10.19

  • march-am

    march-am

    こういう青春ど真ん中なやつ、いい。読み始めナズマが頑張る話かと思ったけど、アコのヒロイン力が圧倒的、でも主人公といわれると違うけど、群像劇とも言いづらい。なんか不思議な構成だった。とにかくアコのぶっきらぼうな脳内多弁キャラが可愛いの一言。小ネタ大好きな作家だからそれが生きるキャラづくりだなーと。確かに手さぐり感は否めないけど、持ち味の勢いを殺さずポップな話になっていて好きだった。好きなツッコミは『「踊りに行こう、ジ・アーティスト・フォーマリー・ノウン・アズ・アコチン」「……誰が謎の記号だ」』続きを読む

    投稿日:2017.03.07

  • しろかぎ

    しろかぎ

    アイドル。それも地下アイドルものである。いや地下アイドルというアイドルはいないそうだが。アイドル界隈には詳しくないのでよくわからんが、おもしろかった。
    しかし主人公の特性がいまいち活かされていなかったような気はする。続きを読む

    投稿日:2017.02.08

  • 柏葉

    柏葉

    デビュー作の「耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳」はあまりの電波加減についていけなかったが、本書は強烈な灰汁が抜けてクセ程度にまろやかになっている。文体に溶け込むようにポップでリリックな爽やか甘酸っぱいアイドルもの。
    国民的アイドルグループであるLEDをクソと言い、ライブで観客を殴りまくったりLEDをディスる歌を歌ったりとまだ強烈な灰汁があるが、ヒロイン下火の口少ない言葉と心の中での独り言とヒーローのナズマがうまく沖津区というアイドル地区を生み出している。

    イラストに表れているようなポップでキュートなアイドルが仲間とトップアイドルを目指し、あとから思い返せば青春でしかない日々を過ごす。恋愛やアイドル、友情や青春など単語で区切られるものじゃなくて、下火のリアルな高校時代がここに詰まっている。使い古された青春という言葉でなく青春を表したい。

    小説の中のリアルを感じる。イラスト通りのものを求めているのなら迷わず手にとって良い。
    続きを読む

    投稿日:2016.10.09

  • mamalaider

    mamalaider

    このレビューはネタバレを含みます

    石川博品版アイドルマスター。登場人物たちの軽妙なやりとりとそれぞれが生き急ぐ様の緩急が良い。アイドルたちのパフォーマンスはフィクション的でありつつも、もしかしてありえるかも?と思える楽しさがあった。やっぱ石川博品なんだよなぁ

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.09.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。