なくし物をお探しの方は二番線へ 鉄道員・夏目壮太の奮闘

二宮敦人 / 幻冬舎文庫
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
0
4
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ちこ(´・ω・)

    ちこ(´・ω・)

    「電話友達の直子と純一」
    突然の電話に絶えぬストレス。
    電話の相手が気を許せる相手であれば、少しでも話が出来ただけでかなり気分転換にはなるだろうな。

    「クロエと偽駅員」
    海外と日本の鉄道の違い。
    かに規則ばかりで息苦しさを感じるかもしれないが、その規則があるからこそ安心して乗る事が出来るんだよな。

    「電話友達の直子と純一」
    話したい事はあるが時間がない。
    彼女は一体彼に何を隠していて、それを打ち明けたいのか分からないが互いに気持ちに余裕がない感じだな。

    「ヒゲヨシと見えない運転士」
    山奥で動かない地図を見つめ。
    そんなに細かく区分されている事や、一般人の知らぬ所に線路があると思いもしなかったが彼が無事で良かった。

    「電話友達の直子と純一」
    都合良く扱われている気がして。
    相手の話だけ聞き自分の時は、毎回遠回しに断われ続けたら何かおかしくないかと疑いたくもなるよな。

    「新藤純一と、ちっとも会えない本間直子」
    彼女が電話越しに伝えようとした事。
    中々言い出しにくい話ではあるが、もっと早く話していれば彼の心中も少し変わっていたかもしれないな。

    「駅と仲間たち」
    一人との繋がりから広がる輪。
    何気ないきっかけで知り合った相手にも知り合いはいる訳で、そんな人達が集まったら初対面であろうと楽しいのかもしれないな。
    続きを読む

    投稿日:2019.07.20

  • ひるあんどん

    ひるあんどん

    このレビューはネタバレを含みます

    蛍川鉄道藤乃沢駅駅員夏目壮太の活躍。鉄道員ミステリ。ほのぼのとしたミステリー。鉄道員さんのお仕事の裏側が見られて楽しい。海外で日本の車両が利用されていることは知っていましたが、結びつかなかった。貨物列車だけが走る線路があり、それは地図にも載っていないとは。鉄道関係者か鉄オタさんしかわからないですよね。壮太が車掌登用試験受けることになりましたが、シリーズは続くのでしょうか?

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.06.26

  • hige0519

    hige0519

    蛍川鉄道の藤乃沢駅で働く若手駅員・夏目壮太が日々起こる問題を解決するシリーズ第2作目。【クロエと偽駅員】はクロエと壮太のドタバタ劇が楽しいですし、【ヒゲヨシと見えない運転士】は幽霊話かと思わせて実は…という過程が面白いです。【進藤純一と、ちっとも会えない本間直子】は直子が発する言葉が回りくどくて不自然に感じるのが難点ですが、最後は心が温まります。
    各話の謎解きは軽く、披露される蘊蓄も殆ど知っているもので鉄道ミステリーとしては物足りなく感じましたが、エピローグはちょっとしたサプライズと大団円で良い読後感に浸れました。
    続きを読む

    投稿日:2017.10.08

  • saku

    saku

    鉄道員お仕事小説第2弾。駅員の日常に加え、運転士のトラブル時の対応など興味深い。表紙が可愛らし過ぎるのが大人には難点か…。

    投稿日:2017.02.19

  • tuppence

    tuppence

    ヒゲヨシさんがいい味だった。
    運転士清水さんとの関係が温かくて。
    途中、ちょっとヒヤヒヤしたけど、ああいう結末で本当によかった。
    その清水さんが意外なところにも登場していてびっくり。
    幕間と本編のつながりがうまい。
    続きもぜひとも読みたいところだけど、あのラストだと、どうなのだろう。
    続きを読む

    投稿日:2016.12.04

  • ホメロス

    ホメロス

    ○駅で巻き起こる謎を解くシリーズ第2弾。国内外の鉄道裏話も交えつつ、名探偵ぶりに目が離せない!
    3章くらいの構成。

    ・「クロエと偽駅員」
    フランスから来たクロエは音楽をやる親日家。おじいさんが日本人であることも影響している。クロエに東京案内してくれと依頼された壮太は、通勤電車の感覚がフランスと日本で異なることに戸惑いクロエにふりまわされる。そのとき、クロエが偽駅員にきっぷをとられてしまった、というのだ。一生懸命偽駅員の姿を探すが、どこにもおらず・・・
    フランスの鉄道を利用しないとわからないおっちょこちょい譚。

    ・ヒゲヨシと見えない運転士
    ホームレスのシゲヨシは、ある日何度も忍び込む夜中の駅のホームで一人の貨物運転士・清水と出会う。清水は優しく、シゲヨシ自身の状況と重ね合わせ、飲む約束をする。ある日携帯を清水からあずかったシゲヨシは追跡アプリを作動させると、山の中を示している。自殺するのではと考えたシゲヨシは駅員室に乗り込むが・・・
    幽霊ばなしかと思わせるような導入で少しあれってなったが最後は心温まる。

    ・進藤純一と、ちっとも会えない本間直子
    食品メーカーの会社員・純一は、会社でうだつのあがらない、後輩にも抜かれてしまうような社員。直子とは大学の同窓で、社会人になるときにお互いの目標を達成しようと離れた友人だったが、最近直子に相談したくてもつれない。
    ある日直子とケンカした純一は、電車に乗るが・・・
    これも心温まるストーリー。壮太も謎を解きまくる一話。

    魅力は、国内だけでなく海外の鉄道裏話というか、大きく取り上げるほどでもないんだけどへ~ってなるようなジャンルの逸話(うんちく?)でオチを構成するので、知っている私にとってはあぁあれかななんて思うのですが、知らない人にとっては新鮮なのではないかと。

    モデルは京成とかだろうか?

    二宮敦人著、鉄道員・夏目壮太シリーズの第2弾。
    第2弾ですが、この本から読んでも違和感はなかったです。
    続きを読む

    投稿日:2016.09.25

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。