女子の本懐 市ヶ谷の55日

小池百合子 / 文春新書
(14件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
2
3
4
0
2

ブクログレビュー

"powered by"

  • 香菜子(かなこ/Kanako)

    香菜子(かなこ/Kanako)

    東京都知事の小池百合子先生による著書。小池百合子先生が小池百合子防衛大臣だった日々を簡潔にまとめています。とても読みやすい文章で、最後まですらすらと読めました。最近の女性政治家は、秘書への暴言で世間を騒がせた豊田真由子議員や、不倫問題が報道された今井絵理子議員や山尾志桜里議員など、政治とは別の面ばかり目立っているけれど、小池百合子先生の凄さを改めて感じました。続きを読む

    投稿日:2017.09.12

  • 鈴木すすき

    鈴木すすき

    最近気になってる小池百合子さん.肝が据わってるのに上品さがある.なんて格好良いんだ...
    本書はそんな小池女史が防衛省大臣を務めた55日間を中心として,小池さんの政治観や信念が語られている.

    政治は全く興味がない私なので,まず「大臣ってこんな仕事してるんだ」っていう発見があった.
    参院選前だったからなのかもしれないけれど,選挙応援演説の多いこと,多いこと...
    これはもっと,大臣の仕事に専念させてあげて欲しいと思ったよ.
    でも,選挙って,民間企業で言うところの「資金調達」や「採用活動」の一面があると思って,要はこれがしっかりされなければ何の政策も進めていけないと.
    だから,やはりとてもとても重要な仕事の一つなんだと思った.

    あと,防衛省大臣を55日間で辞職してしまうところ.小池さんが辞めなくても!と思うのだが,全体最適を考えたら私が辞めるべきだと仰る.全体の利益のために個人の利益を捨てられるその胆力は尊敬する.「体の良い逃げ」なんて意地悪な見方もできるし,私が子供なのかもしれないけれど,でもやっぱり決めるべきところでビシっと決められるっていうのは素敵なことだと思う.

    でも,やはり優秀な人は残って戦って欲しいと思うよ.都知事頑張って欲しい.

    女性性なのかと思うが,変に自分を誇示したりしないで等身大で書かれている所も好感が持てる.男性は基本的に「自分はすごい」ってしか言わないからね.
    続きを読む

    投稿日:2016.10.10

  • H

    なかなか興味深かった。元キャスターだからなのか、自分の見せ方や伝え方など言葉の選択も含めて上手いなと感じた。新都知事の手腕はお手見拝見でしょう。

    投稿日:2016.09.02

  • yoshinar

    yoshinar

    都知事選への出馬で話題の小池さんが、2007年に防衛相を退任した直後に書いた55日間の防衛相としての日々を主に綴った本。うーん、続投しなかった裏には何か書かれていない攻防があったのではないかと憶測もするけれど、突然であったろう就任をものともせず、堂々とした仕事っぷりに思えた。続投して長くやったら、もっと防衛省は改革されたような気もするけれど、それはそれで様々な軋轢も生んだことだろう。小池さんは異端であることをよしとする人だし、ぶっ壊すことをためらわない人だから。
    キャスターの経験があるせいもあるだろうけど、常に自分がどう見られているか、どのように見せたらいいかを判断しながら行動する人なのだと思った。かといって、見た目ばかりでポイントを稼ごうというのではなく、きちんと自分の政策的な考えもあり、それを磨く努力(というか足場固め)も怠らない人という感じ。こういう、いわばしたたかさともいうべき点は、もしかしたらカイロの大学で学んだ小池さんならではの、アラブ的な思考の要素が関係しているのかも……と思うのは短絡に過ぎるだろうか。
    続きを読む

    投稿日:2016.08.13

  • poron330

    poron330

    小池百合子は安部内閣のときに防衛大臣に就任した。たったの55日間。そのときのことを日記的に記述した本。防衛大臣の日常を垣間見るのは興味深かった。しかし小池百合子はテレビ東京ワールドビジネスサテライトの時から知っているが、もっと頭の良い人かと思っていた。いまはすっかりネオコンかぶれになってしまい、自衛隊をテロとの戦いから撤退させると、日本が世界から信用を失う!なんてことをこの本にも書いている。本心からそう思っているなら、全くおめでたい人だ。さすがにそんなに愚かではないであろうから、きっと本当のことを知っていながら、そんな風に日本国民を欺こうとしているのだろう。そのほうが悪質ではある。続きを読む

    投稿日:2015.01.16

  • kattebooks

    kattebooks

    防衛庁長官も含め、
    女性初の防衛大臣に就任した小池百合子氏の、
    防衛大臣に就任していた期間に関するエッセー。

    そう言えば、一回目の安倍政権のあの頃は、
    色々とドタバタしていましたね。
    思い出しました

    やたらと嘗て経験した環境大臣に関しても、
    市ヶ谷には関係がないのに触れたりと、
    自画自賛的な内容で有るのは否定出来ない。
    続きを読む

    投稿日:2013.02.28

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。