ファイナンスの哲学

堀内勉 / ダイヤモンド社
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
0
2
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Flooding Throne

    Flooding Throne

    明らかに過渡期にある資本主義。その「来し方行く末」を論じた後半に期待して手に取ったが、他書の引用がこれでもかと並ぶばかりで、著者独自の見解や分析に乏しい。既知の情報の再整理には役立ったが、「出来の良い読書ノート」の域を出ていないような気が…期待値が高かっただけに残念。続きを読む

    投稿日:2019.01.01

  • harukarna

    harukarna

    ファイナンスは門外漢だし~と思ってスルーしてたけど、知人が目次の写メをアップしてるのを見て即購入してその日に読み始めた。私の好きな部類の本!!!

    投稿日:2017.06.04

  • tatsuya

    tatsuya

     確かに、教科書的な本。
     基本的に難しいことは書いていないので、経済記事をより理解したくなった時に見るといいかも。

    投稿日:2017.04.09

  • nyankoteacher

    nyankoteacher

    ファイナンスの優秀な実務家が、資本主義経済の本質を写すと思われる重要KeyWordについて、古典をいろいろと引用しながら独自の解説を加えている。
    経済学思想の教科書から自学で抽出しようとするとものすごく時間がかかりそうなところを、明晰に簡潔に平易に示してくれている。続きを読む

    投稿日:2017.01.01

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。