世界の名前

岩波書店辞典編集部 / 岩波新書
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ottersho

    ottersho

    人物の名前について、世界中におけるお国柄や歴史などの背景を分析しながら解説している。
    インカ帝国の初代王の名前は衝撃すぎる。
    また、カタルーニャでは千と千尋かと思うような、「お前はきょうからマルコスだよ」とか。続きを読む

    投稿日:2018.12.14

  • gomakniha

    gomakniha

    古書祭りで書名に惹かれて購入しました。1つの言葉が2ページ強くらいで100の言葉についての名づけに関する学術的なエッセイ集です。
    こうやっていろいろな世界の名前を見渡すと、姓・名という区分は決して世界共通の自明のものではないんだなぁという発見があったり、姓は職業や周りの土地の様子から取った、とか、わざと縁起の悪い名前をつけて健康を祈るとか、世界のいろいろな場所で共通してくる事柄があったりして面白かった。
    めまぐるしくいろんな言葉の名づけを読んだので結局どの言語がどんなふうだったかきちんと覚えてないけれど汗、面白くまた読み返したくなるだろう1冊です。
    続きを読む

    投稿日:2018.12.09

  • shinko1001

    shinko1001

    いろんな人が書いたエッセイを取り集めているので、重なる話も出てくるけど、いろいろな国や地域ごとにちがう名付けのときに考えることとか、おもしろかった。

    投稿日:2017.03.07

  • sugar41

    sugar41

    現代の日本人の感覚からすると、姓+名(名+姓)からなる名前が標準な気がしますが、世界的に見ると、決してそうではないんですね。
    また、歴史的にも、決して標準的とはいえなさそうですね。

    人の名前は、いろいろな国や地域の歴史や成り立ちを反映していることを知ることができ、面白かったです。
    できれば、もう少し範囲を絞って、その分、深く考察してもらえると、ありがたかったです。
    あくまでも個人的な感想ですが。
    続きを読む

    投稿日:2016.05.19

  • tagutti

    tagutti

    <目次>
    1、古代のひとびと
    2、名前の仕組みと形
    3、姓はどこから?
    4、歴史を遡る
    5、名づけの想い
    6、いくつもの名前、変わる名前
    7、歴史の中の名前
    8、多言語社会では
    9、名前にまつわる習俗
    ⒑ 神話・伝承の中の名前

    <内容>
    岩波書店のPR雑誌「図書」のエッセイを中心にまとめられた、名前に関するあれこれ。前半の名前の仕組みなどが面白かった。また、世界では姓がないのが当たり前だったり(キリスト教西欧文化の押し付けの結果、世界各国に姓が普及)、真の名前を教えないことで命が長らえると考えていたり、変な(悪い身体的特徴や排せつ物の名、罵倒するようなこと)名前を付けることで命が長らえると考えたりすることが、割と世界共通なのが面白かった。それから父や母の名前が自分の名前にプラスしてつけられることも割とあることも「へぇ~」だった。日本だと、父親の一文字が諱としてつけられる(もしくは名付け親の一文字が)こともあるが、ある地域では、全部がつけられるんだなと。
    続きを読む

    投稿日:2016.05.05

  • xoxoa

    xoxoa

    アイヌ語や琉球語の名前についての項目はあっても、日本語の名前についての項目はないのは、自明のことだから?

    投稿日:2016.04.20

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。